最短でゴルフ上達!100切りの考え方!スコア向上の3つのルール

最短ゴルフ上達!100切りの考え方スコア向上の3つのルール コラム
スポンサーリンク

皆さんはゴルフ場でのスタート前の練習場、練習グリーン、または1~2ホール回り始めたとき、こんな経験をしたことはありませんか?

「あっ、この人は上手そうだな、きっと80台くらいで回ってくるんだろうな~」

何を隠そう、私もそんなプレイヤーを見つけてはスタート前から自信喪失し、「急にお腹が…。ちょっとトイレ!」とプレッシャーに弱い一人です。笑

少し話を戻しますが、どうやって私達はスコアが「出そうな人」と「そうでない人」を見分けているのでしょうか。
単純に「スイングが綺麗だから?」、というのも大いにあると思います。
しかし、無意識のうちにスコアが良いゴルファーの条件を私達は経験で知っています。

今回は「最短でゴルフ上達!100切りの考え方!スコア向上の3つのルール」というテーマでお話させていただきます。

すぐにゴルフが上達?!100切りの考え方!スコア向上の3つのルールとは?

「100を切りたい!」
そう考えているあなたは、すでに知っていますよね?

  • 本当はティーショットで飛距離を稼ぐ必要なんてないんじゃないのか
  • 残り180ヤードをユーティリティでグリーンオンさせる必要があるのか?
  • ここのバンカーは1打では出せないかもしれない…。

あなたは、100を「切れそうで切れない」経験を何度もしてきたはずです。
そして、スコアを向上させるために本当に必要なことにうすうす気づき始めていると思います。
しかし、実践をしてこなかった。

今回3つのルールをお伝えすることにより、スコアを確実に向上させるにはどうすべきか再確認していただけます。
100を切るのにスイングの改善をする必要はありません

今回の3つのルールを守り、安定して100を切るゴルフを行いましょう!!

なお、今回の記事は、「100を切るためのの思考法」についてです。
技術的に100を切りたい方はこちら↓の記事をご覧ください!

ゴルフ100を安定して切るには!達成するためのチェックリスト!

ルール1 飛ばすことよりブレ幅を減らす。

上手いプレイヤーは、パター含めてクラブ毎の距離感・方向性がほぼ一定です。
練習場でも彼らは「飛ばすこと」よりも「一定を保つことに標準を合わせて練習をしています。
この練習の反復を繰り返すことこそがコースでの安定したスコアを生み出します。

皆さんも是非練習場では、
「今の球より5ヤード飛ばそう!」
ではなく
「今と同じ球筋・飛距離で5球連続打とう!」
を心がけてみましょう。

それによってコース上でのミスショットが劇的に減り、結果大叩きしてしまうホールが減ります。

ルール2 どうすればミスの影響度が少ないか考える。

とはいえ、プロゴルファー含めて上手い人でもミスはします。
ただアベレージゴルファーのミスと圧倒的に違うのは「ミスの影響度」です。
例えば、右側が全てOBに囲まれたホールでのティーショットでボールを左にひっかけてしまった 時、上手いプレイヤーは「まー仕方ない!」と捉えます。

何故だかはお分かりでしょうか?

OBを出すことは実質2打スコアを落とす大きなペナルティに繋がります。
彼らはこのペナルティを受けないためにショット前から「準備」をしています。
例えば、敢えてティグランドの右側にティをさし、フックスタンスで構えるなどです。

コース上に出てからは、ミスを減らすことよりも、ミスしても影響が出ない場所 はそのコースのどこなのか、コース内をよく観察しましょう。
それによって、仮にミスをしても、結果大叩きしてしまうホールが減ります。

ルール3 一打一打を大切にする。

また、上手いプレイヤーは一打一打を非常に大事にします。

想像してみて下さい。あなたは最終ホールのグリーン上にいます。
下りの5mのパーパット、2打以内でカップにボールを沈めればあなたは100切りを達成する場面。

あなたはどうパターを打ちますか?
おそらく多くのゴルファーは目標達成のために多少ショートしてもいい、ぐらいの気持ちで優しいタッチでパターを打つのではないでしょうか?

ただ、その場面がスタートして6ホール目のグリーン上ではいかがですか?
思わず気合いが入り、カップを大きくオーバーしての結果3パットのダブルボギー…
なんてことは誰しもが経験していますよね…。

何故このような失敗をしてしまうのでしょうか?

それは、そのホールでパーを取ることが目標となってしまい、冷静な判断ができなかったからです。
上手いプレイヤーは自身の目標を明確に設定し、その目標達成に向けて常に一打一打を非常に大切にしています。
そのため、結果大叩きするホールが減ります。

この3つのルールを守ると減るものとは…?

ここまで上手いゴルファーの特徴をお伝えしてきましたが、上記の3点には共通点があります。
ゴルフに勉強熱心なあなたなら既に分かっていますよね!
それは「いかに大叩きしないか」を気にかけているということです。

毎週末練習場に通い、何百球の球を打つことも大事ですが、それより何倍も大事なのは、これから打つ一球についてどれだけ準備を怠らないかとイメージを膨らませられるかです。

また、「100切り」という目標を達成するために「大叩き」の設定を+3、つまりトリプルボギーにしましょう。
ボギーを目標とし、どんな手段(ルール・マナー違反は当然ダメです。笑)を使ってでもトリは叩かないんだ!という強い気持ちで毎ホール回しましょう。
すると、いつのまにかムダにつながるショットが見えてきて、スコアもどんどん縮まっていくことにつながります。

まとめ

今回は、「最短でゴルフを上達させる!100切りの考え方 スコア向上の3つのルール」ということでお伝えさせていただきました。 
ここまで触れてきた通り、100切りの一番の近道は、「大叩きをするホールを減らす対策をすること」です。

 対策としては

  • ショット毎のブレ幅を減らす。
  • ミスの影響度を少なくする
  • 一打一打を大切にする。

 以上3点がとても重要です!

ちょっとした意識を変えるだけでも、みるみるスコアが縮まり、どんどん上達していきます。
そして、練習場から目の前の一球を大事にしてみてください。 

きっとその意識の変化は自ずゴルフ全体に良い影響を与えてくれます。


スコアの向上、無駄な球を打たないことによるプレーファスト、戦略を立てるゴルフを楽しむようになる…etc.

また、ゴルフ場一緒に回る上手い人には恥ずかしいと思わず、そのホールで意識したことをどんどん聞いてみてください。
きっと今まで想像もしなかったポイントを意識していることに気付き、ご自身のゴルフの幅も広がることでしょう。 

とは言っても、ゴルフ場に出たら思わず飛ばしたくなっちゃうものです!!笑
入れたくて思わずパターを強気に打っちゃうこともあります!

そんな衝動もゴルフの醍醐味の一つです!
是非今後ともゴルフをエンジョイしつつ、スコアupに向けて頑張ってくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました