上達するかはゴルフの環境で決まる!誰も教えてくれない秘密

上達する環境を整えよう コラム
スポンサーリンク
おきごる
おきごる

身近にゴルフが上手い人がいると上達が早い!!

困ったら聞けるし、何より明確な目標がいるんだもの。

ゴルファー仲間を増やしましょう!!

あぐお
あぐお

スコアが伸び悩んでいるなら是非この記事を読んでほしい。

環境を自分から変えることは本当に大切だ!

 

「ゴルフは人生の縮図である。」
という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ゴルフの名言としてよく使われている言葉ですが、誰が言ったのかは分かりません(笑)
18ホールという中に、沢山のハザードがあったり、深いラフがあったり・・・
自分の力量を見極めつつ、無難な戦略を立てたり、勇猛果敢に挑んだり・・・

このようなところから、「ゴルフは人生とよく似ている。」、「ゴルフは人生の縮図である。」とよく表現されます。


また、我が子を育てるのに、良い環境を整えてあげたいと親なら誰しもが考えます。
良い成長をするためには、良い環境は重要です。
実は、環境という面においても人生とゴルフは似ているのかもしれません。

ゴルフは、環境の良し悪しで、上達できるかどうかが決まります。

ということで今日は
「ゴルフを上達するには環境が大事」
という話をします。

ゴルフの上達には環境が大事!上達のコツ!!

ゴルフを早く上達させたいと思うなら環境を整えることがとても重要です。
シングルさんが身近にいれば、先生となって教えてくれます。
自分より少しスコアが良い人がいれば、良い目標になります。

もし周りにそのような人がいなければ、例えば、

  • スクールに通って、ゴルファーの仲間を増やす
  • レッスンに通い、プロの意見を聞く
  • コースの会員になり月例に出る。(コースによっては友の会というものがあり年会費を払えば、月例に出られる場合もあります。)

等により環境を変えてみることをお勧めします!

格段に上達のスピードが速まりますよ。

肥満は感染る!

先日、面白い本を読みました。


それは、「太っている人の近くにいると自分も太りやすくなる」のだそうです。
そしてなんとこれは、科学的に証明されている・・・。


なぜでしょうか?
自分は食事制限をしていても、一緒にいる人がたくさん食べていれば自分も食べたくなりますよね。

『人間は、どんなに意志の強い人でも近くにいる人の行動パターンに近づいていく。』


これは科学的に証明されているそうです。
「ミラーニューロン」と呼ばれる脳細胞の機能によるもの
だから、「肥満は感染る」ということです。

人間は、どうしても近くにいる人の行動パターンに近づいてしまう。
しかし、ここでゴルフに置き換えてみますと
上達に熱心な人が近くにいれば、その「向上心」があなたに感染ります。


つまり、ゴルフに対して、真剣な人近くにいれば自然に、あなたの「ゴルフ上達」が早くなるのです。
環境があなたのゴルフを変えます。

成長には環境が大事だという著名人の言葉


『ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。
 なんだかんだ言っても一度ぬるま湯に浸かってしまうとなかなか抜け出せない。
 だから、「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んで行ってほしいと思う。』

有名なサッカー選手の本田圭佑さんが言った言葉です。


環境選びは慎重にしましょう。なぜなら、環境はあなたの形づくるものだからです。
友達作りも慎重にしましょう。なぜなら、あなたはその人たちのようになるからです。

ナポレオンヒル財団 初代理事長W・クレメント・ストーンの言葉です。




私たちは環境、付き合う人に大きな影響を受けます。
しかし、今いる環境は自分で引き寄せたものです。(なんか哲学っぽい言い方になりました(笑))
環境は変えられます。
近くに切磋琢磨出来る仲間がいるだけでモチベーションは維持できます。


もっと成長するためには、成長しやすい環境にいかなければいけません。
ゴルフ上達に熱心な人が集まっている場所にいれば、自然とゴルフが上手くなります。
今までと同じ環境では、今までと同じ結果しかでません。

狂気の沙汰。それは、同じことをずっとやりながら、違う結果を望むことである。

アルベルト・アインシュタインの言葉です。


変化を起こすために一番簡単なのは「環境」を変えることです。
環境を変えれば、強制的に自分が変わります。

まとめ:体験「目標になる人が身近にいると成長が楽」


今回は、「ゴルフを上達するには環境が大事」という話をしました。

私を含め、社会人になってゴルフを始めた多くの人は、誰かの誘いや 楽しそうにプレーする同僚を見たことがあったからではないでしょうか?

つまり、ゴルファーの先輩たちがいて、ゴルフの基本を教えてもらったり、目標となる人達が身近にいたということです。

自分の頭の中で「100を切る!」等の目標を掲げていても漠然としすぎて、どうしたらよいのか分かりませんよね。

やはり身近に自分よりスコアが少し上の人がいると、練習の仕方や、ショットの精度の基準、コース戦略・・・etc. 
参考に出来る部分を見ることが出来ます。

私は、ある時期、スコアの伸び悩みを感じるようになりました。

それは、いつも一緒にラウンドしている仲間たちに、私よりスコアが良い人がいなくなったときです。

技術的な参考にしたい人がいないというだけでなく、「この人に勝ちたい!」というモチベーションも薄れていくのを感じました。

私は、この出来事があって以来、ゴルフの上級者たちとラウンド出来る機会を増やす努力をしています。

人間は、新しいことに挑戦し続けなくては、停滞と衰退しか残りません。

今までと同じ行動をしていれば結果は変わりません。

環境を変えるために新しいことを始めてみてはいかがでしょうか??

先ほどもお伝えしましたが、

  • スクールに通って、ゴルファーの仲間を増やす
  • レッスンに通い、プロの意見を聞く
  • コースの会員になり月例に出る。(コースによっては友の会というものがあり年会費を払えば、月例に出られる場合もあります。)

等に挑戦してみてください。

行動を変えるには、環境を変えると簡単です。

はじめの一歩は面倒かもしれません。

しかし、効果は絶大です。

周囲を「あっ」と驚かせるようなプレーをしたくはありませんか?

では、あなたはゴルフを上手くなる環境にいるでしょうか?

もし環境を変えたいなら、何をしますか?

おきごる
おきごる

上達していくと、相対的に周囲に自分よりうまい人が少なくなってきますよね。

そう感じたら環境を変えなければ成長が出来ません。

環境を変えることは、あなたに大きなストレスを与えるでしょう。

しかし、上を目指したいのなら、次のステップへ環境を持っていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました