ゴルフでドライバーはイメージをしっかり持てば飛距離が伸びる?!

ドライバーの飛距離を伸ばすイメージ作り! ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

昔、シングルさんが

「意思の力で寄せる!!」

と言ってたな!

ゴルフはイメージが大切!!

うしさん
うしさん

そうだな!

たかぱぱの場合は

「池ポチャ」のイメージが強すぎて

ほぼ池に入れてるもんな!


ドライバーの飛距離ってなかなか伸びませんよね・・・

力いっぱい振ってもミスが増えるだけです。

スイングを改造していくことが一番の王道なのかもしれませんが、時間がかかります。

しかし、実はもっと簡単な方法があるんです!!

それは、「イメージを上手く使うこと!!」

ということで本日は、
「ドライバーの飛距離を伸ばすイメージ作り!!」
をお伝えしていきます。

ゴルフは想像力!!ドライバーの飛距離を伸ばすイメージ作り!

ゴルフは「イメージ」が大切!!

上手くいっている自分を想像すれば上手くいき、ダメな自分を想像すればダメになります。

引き寄せの法則ってご存知ですか??

少し前に「ザ・シークレット」という本がベストセラーになりました。

その本の内容は、
「成功者の多くは幸せになるための秘密を知っている。」
「成功している自分をしっかりとイメージすれば、成功が引き寄せられる。」
というものです。

ゴルフの「ザ・シークレット」に書かれている内容と同じです。

良いイメージを持たなけれ上達は望めません!!


どのように球が飛んでいくのか?弾道を空中に思い描く!

ティーグランウンドに立ち、ターゲットを決めますよね?

その際に、どのような弾道を描きボールが飛んでいくのかしっかりとイメージしましょう。

どのように球はあがっていきますか?
どこまで上がっていきますか?
球をどこに落としますか?

鮮明にイメージできていれば、そのイメージに合ったアドレスになります。
その球筋が出るように体が動きます。

ティーグラウンドに立ったならば、ターゲットを定めるだけでは足りません。

弾道をイメージしましょう!

良い軌道でインパクトを向かえる!仮想のボールを打つ

ツアープロのドライバーショットって弾道がめちゃくちゃ高いですよね??

やはり距離を出すには、高さが必要です。

ドライバーでのショットはアイアンと違い、アッパー軌道で球を打たなければなりません。

しかし、アマチュアにはそれがかなり難しい・・・

ボールに当てようとすれば、ダウン軌道で入ってしまうことも少なくありません。

そんな時は、イメージで頭をだますとアッパー軌道で打ちやすくなります。


その方法とは、「仮想のボールを打つ。」です!!

ボールの左20センチの場所に「仮想のボール」イメージします。
その「仮想のボール」を打つイメージでスイングします。

ボールに向かって打たないので加速しながらインパクトできます。

ヘッドが走り飛距離がアップしますよ!!

体に飛ばすスイングのイメージを覚えさせる!「ビュンビュン」素振り

次は、早い動きを体に覚えさせるドリルを紹介します。
ヘッドを走らせる ドリルです。

まず、クラブを逆さまにもちます。

ボールの先で「ビュン」と音がするよう素振りをしましょう。

ボールの手前で音がする場合は、ボールの手前でヘッドスピードが最大になっています。

ボールの先で「ビュン」と音がする素振りをし、実際にボールを打ちましょう。

早いスイングを体が覚え、スイングスピードの増加と飛距離アップを実感できます。

とにかく鮮明にイメージを膨らませましょう。
全てのショットは良い方向へ向かいますよ!!

まとめ


本日は、「ドライバーの飛距離を伸ばすイメージ作り!」についてお伝えしました!

まとめますと

  • どのように球が飛んでいくのか?弾道を空中に思い描く!
  • 良い軌道でインパクトを向かえる「仮想のボール」を打つ!
  • 体に飛ばすスイングのイメージを覚えさせる!「ビュンビュン」素振り

ゴルフはイメージが重要です。

今回はドライバーの飛距離についてお伝えしましたが、アプローチやパターについても同様です。

ふわりとしたアプローチを打つのか?
その時の高さはどれぐらいか?
どのように転がっていくのか?

逆にイメージが出来ていない場合は寄りません。
入りません。

理想のボールの動き、体の動きをしっかりとイメージしていきましょう!!

たかぱぱ
たかぱぱ

ティーショットの飛距離が伸びると

スコアメイクが楽になります!!

是非お試しください!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました