ゴルフラウンド中にドライバーで球が曲がり始めた?!応急処置!!

ラウンド中の応急処置 ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

ラウンド中にスライスが多発し始めた!!

直そうともがいてたら

今度はフックばかり・・・

どうすれば良いんだー!!

うしさん
うしさん

おー

焦ってるな!!(笑)

そんな時はスイングに頭を悩ませてもダメ
小手先のテクニックでなんとかするんだ!!

 

緊急事態!!ドライバー「どスライス」、「どフック」が発生!どうする??


ラウンド中に急にティーショットで曲がり始めた!!
早く治さないと!!


と言いつつブンブン素振り・・・

だけど中々治るもんじゃありません!!

また

ラウンド前日に練習に行ってみたら
今まで見たことないようなひっかけ!

まー1日で治りません!!
スイングで治すのは難しいです。
その日1日は、自分の持ち球がスライス(又はフック)だと思ってラウンドしましょう。

本日は「応急処置!急なドライバーの不調からの脱出方法!」についてお伝えします。

応急処置!急なドライバーの不調からの脱出方法!

まず、お伝えしたいこと・・・

それは、ドライバーを捨ててアイアンでティーショットをしよう!!

ということです!!笑

一発で問題解決!
スコアが崩れることはないでしょう。

ラウンド中の急な不調、特にティーショットをすぐに治すのは難しいです!

特にスウィングを治そうとしても、そう簡単には治りません。

しかし、
不調のときにティーショットでドライバーを握ることがイバラの道だと分かっていても、ドライバーで勝負したいという方のみ続きをご覧ください!!


応急処置!どスライスを治せ!!

先ほどもお伝えしましたが、ラウンド中にスウィングを治そうと頑張っても成果が出ません。

今回はグリップやアドレスで応急的に球の曲がりを軽減する方法をお伝えします。

スライスが出始めたら、短く持つ

スライスの原因の1つに振り遅れがあります。
そんな時はクラブを指二本短く持ってみましょう
振り遅れが少なくなり、スライスも軽減されます。

クラブを短く持ったら飛距離が出ないじゃん??
と思われるかもしれませんが、実際は、スライスの距離のロスほうが圧倒的に大きいです。

スライスばかりで悩んでいる方は、まずはドライバーを短く持ちましょう、

ストロンググリップで握る

スライスで右に曲がっていってしまうのならば、左に打ちだしてしまいましょう。
アドレスで左を向いてしまうと更にスライスがひどくなる場合があります。

ストロンググリップで握りましょう。


応急処置!フック(チーピン)を直せ!!


インパクトでフェース面が左に被ると、ひっかけになります。
考えられる理由はいくつかありますが、スライスと同様に、ラウンド中に原因を探しつつ、スイングを矯正することは困難です。
フックは、ボールが左に低く飛びねらった場所に打てません。

左足のつま先を少し開く

フックになる理由として安全に打とうとして体重移動が上手くできていない場合、体の回転が止まりひっかけている場合が多いです。

そんなときは、アドレスで少しだけ左足のつま先を開くと体が回転しやすくなります。

ひっかけを軽減できます。

スクエアグリップ~ウィークグリップで握る。

最近はストロンググリップで握るのがスタンダードになっているそうです。

しかし、フックが強いのであれば、スクエア~ウィーク気味に握ってみましょう。

グリップを少し変えるだけで、球筋は大きく変わりますよ!

まとめ


本日は、ラウンド中に急に球が曲がり始めたときの応急処置をご紹介しました。

まとめますと

スライスが出始めたら

  • クラブを少し短めに持つ。
  • ストロンググリップで握る。

フックが出始めたら

  • 左足のつま先を少し開く
  • スクエア~ウィークグリップで握る

また共通事項として

曲がり幅が大きくないのであれば
スライスは、ティーグラウンドの右端からフェアウェイの左側を狙う。
フックは、ティーグラウンドの左端からフェアウェイの右側を狙う。


ドライバーショットが安定すると
スコアが良くなります。

たかぱぱ
たかぱぱ

ラウンド中にスイングを

直すのは難しいです。

小手先のテクニック(笑)を使いましょう!!






追伸

昨日、メルマガを購読されている方から

「ベストスコアを101から95に更新しました!!」

という嬉しい報告を頂きました!!

メルマガを読むことにより練習のモチベーションを高く保つことが出来ているそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました