ゴルフを上達させるには自宅でも練習!!簡単お手軽な方法とは??

自宅でできる練習法、ゆっくり素振りで曲がらないスイング!! コラム
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

自宅での練習は、実は効果絶大

毎日球を打てなくてもスコアアップは出来ます!!

うしさん
うしさん

しかし、ボールを打たないと

練習した気がしないんだよな(笑)

「週に1回練習場に行ければ良いほう・・・」

「通勤中にゴルフレッスン動画で勉強をしているのに試す機会がない・・・」

サラリーマンゴルファーがスコアアップをしたいと思うなら練習時間の捻出は大きな課題ですよね!!

私も、スキマ時間を利用して何とか毎日クラブを握っています!!

私の同じ職場の先輩にシングルの方がいます。

その先輩に質問をしたことがあります。

「毎日忙しいのにどうやって上達したのですか?」
するとその先輩は、

「家での練習を毎日コツコツやったんだよ。」

と教えてくださいました。あと、

「仕事を適当に終わらせて定時で帰って練習する!!」

とも言ってましたが・・・(笑)

上手いゴルファーは
「自宅で練習をしている人」が多いです。


自宅練習というとパターマットを思い浮かべるかもしれんせん。

実は、自宅でも「スイングの練習」ができます。

とても効果的な練習方法です。

ということで今日は
「自宅でできる練習法、曲がらないスイングの作り方」
をお伝えします。


自宅でできる練習法、曲がらないスイングの作り方

自宅での練習は毎日続けることがコツです。

毎日ゴルフと触れ合うこと、ゴルフのことを毎日考えることでスコアが伸びます。

また、ゴルフは球を打つこと以外にも上達する方法が沢山あります。

こちらもご覧くださいね。

スローモーション素振りで自分の動きを頭と体に叩き込む

室内でオススメの練習方法が「ストップモーションの素振り」です。

クラブを持たなくても良いですが、短くても持ったほうがグリップに負荷がかかりイメージがしやすいです。

持たなくても「クラブを持っている」イメージをしっかり思い浮かべスローモーションで素振りをしましょう。

ここからは「なぜスローモーション素振りが重要なのか?」をお伝えしていきます。


あなたは自分にとっての理想のスイングの「形」を知っていますか?

自分がどのようにスイングをしたいのか
アドレスからフィニッシュまでの間に、体がどう動くか、クラブフェースはどう動くか

  • 自分の理想のアドレス
  • 自分の理想のテークバック
  • 自分の理想のトップ
  • 自分の理想のインパクト
  • 自分の理想のフォロー
  • 自分の理想のフィニッシュ

スイングの全ての場面において、理想とする形を再現できるでしょうか?

ゴルフはイメージが大切です。
上級者のスイングを見て「綺麗」だと感じることがあると思います。
しかし、その上級者たちは理想のスイングをイメージしながら何度も素振りを行った結果、今のスイングがあります。

ストップモーションで理想の形を再現できるでしょうか?


理想の形が分かっているならば、

  • アドレス
  • テークバック(ハーフ)
  • トップ
  • インパクト
  • フォロー
  • フィニッシュ

の各箇所で止めながらスイングをしてみましょう。


その中で、インパクトでは
「正しい腰の向きは?肩の向きは?頭の位置は?重心は?前傾角度は?」


フィニッシュでは
「正しい腰の向きは?肩の向きは?頭の位置は?重心は?前傾角度は?」

など、、、

曖昧になっていることはありませんか??

静止した状態でも正確に再現できる人は少ないです。

静止状態や、ストップモーションでできなかったら、実際のスイングで再現するのはもっと難しいですよね。

理想の形を1つ1つチェックしながら、スローモーションの素振りをする。

ストップモーションでの素振りを何度か行った後は、スローモーションでの素振りを行いましょう。

この練習では体の動きをチェックします。
可能であれば短くてもクラブを持つことによりフェース面の動きを確認できますよ。

毎日コツコツと3分でも行えば、スイングがどんどん良くなっていきます。

イ・ボミ選手がジュニア時代に行っていたこと

女子ツアープロのイ・ボミ選手をご存知でしょうか??

彼女は、ジュニア時代に毎日欠かさず100回
「胸の前で両腕をクロスさせて上半身を左右に回転させる」
というドリルを行っていたそうです。

毎日コツコツと反復して体に正しい動きを覚え込ませたのです。

正しい形を知り、毎日コツコツできることをやりましょう。
キーワードは、「正しい形」「毎日コツコツ」です!!

まとめ

サラリーマンゴルファーは、自宅での練習を工夫し地道にこなしていくことが、スコアアップに欠かせません。

また、球を打たないからこそスイングの研究、自分の理想とするスイングの研究に時間を使いましょう。

今回は、室内でも出来る練習法について、お伝えしました。

まとめますと、

  • 自分が理想とするスイングを理解する。
  • スローモーション、ストップモーションで反復して体に覚え込ませる。

これが毎日行うことにより、動きにぎこちなさが取れ、スイングが良くなります。

練習場で、やみくもに球を打つよりも効果が高いですよ。

毎回同じスイングが出来るようになれば、スコアの安定するようになります。

もし、理想とするスイングが明確になっていないなら参考とすべきスイングを決めましょう。

目指すべきスイングが明確になると、隙間時間にスローモーションスイングできます。
スキマ時間にスイングを磨けるので、上達がとても早くなります。

今はユーチューブで好きなだけプロのスイングを見ることが出来ます。


「自分が理想とするスイングを明確にしましょう」

「反復して体に覚え込ませましょう。(1日3分でOK)」

スイングのレベルが大きく向上して大幅なスコアアップを期待できますよ。

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!

家練を極めることこそ

サラリーマンゴルファーが

ライバルに勝つ最短ルートです。

是非参考にされてくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました