アプローチ30ヤードを寄せるなら、まずはアドレスを見直そう!!

アプローチはアドレスで勝負 アプローチ
スポンサーリンク

たかぱぱ
たかぱぱ

ピンは目の前

なのに・・・

またざっくりやトップが出そう

なんでアプローチって失敗しちゃうのかな

うしさん
うしさん

ゴルフは再現性が大切!

正しいアドレスを

いつも出来るように練習しよう!!

残り30Y!寄せたい!
だけどザックリで一打損・・・


気持ちばかり焦って
アプローチのボール位置が分からない・・・

このブログでは何度もお伝えしていますが、ショートゲーム上達はスコアアップの近道です。

30ヤードからしっかりと寄せられるようになるとスコアは、とても良くなります。

もしも、寄せワンが狙える位置まで持って行けるようになったならば100切りどころか90切りも目の前ですよ!!


アプローチはアドレス、ボール位置が大切です。


ということで今日は
「アドレスで残り30ヤードをしっかり寄せる方法」
をシェアします。


アドレスで 残り30ヤードをしっかり寄せる!!

ゴルフは基本が大事!!
上手い人ほど基本練習をしっかりしています。

まずは、グリップ&アドレスがしっかりできていなければ、スイングでいくら悩んでも上達は望めません。

アプローチではどのように構えるべきか??

自分のアドレスを確立しましょう!!

インパクトイメージをアドレスで準備しよう!


アプローチの大切なポイントは

「インパクトイメージをアドレスで準備する」

です。

たとえば、、次のイメージを持つと良いです、

  • ボールを直接打つ。
  • 左に体重が乗った状態で構える。
  • 両目を結んだ線は、ターゲットラインと並行に構える。
  • 両肩を結んだ肩は、ターゲットラインと並行に構える。


など、、、

インパクトの感覚をアドレスで最初に準備することが大切です。

スタンス幅を小さく

「アプローチがあまり寄らない・・・」と言う人を見ていると、スタンス幅がアプローチ用になっていない場合があります。

「どんだけ飛ばすつもりなんだ・・・!?」

と思ってしまうほど(笑)


アプローチが苦手はスタンスが広すぎる傾向があります。

スタンスが広いとボールが飛びやすくなります。

バックスイングをしたときに、それが、ふと頭によぎり、オーバーを恐れ、インパクトが緩んでしまいます。

インパクトが緩むとダフリ、トップになります。

スタンス幅を小さくしましょう。

緩まないアプローチを打ちやすくなります。

距離が短くなるほどスタンスを小さくします。

距離が長くなるほどスタンスを大きくします。


左腕とシャフトを直線にする


左腕とシャフトが真っ直ぐに線になるとインパクトが安定します。

腕とクラブでアルファベットの「y」を作るイメージです。

ボール位置は中央より右

ボールを直接打ちたいので少しボールを右寄りにします。

ボールを左に置くとダフリ、トップになりやすいです。


まとめ


本日は、残り30ヤードのアドレスをご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

  • インパクトイメージをアドレスで準備する
  • スタンス幅を小さく
  • 左腕とシャフトを直線にする
  • ボール位置は中央より右



一番大切なのは

インパクトイメージをアドレスで準備するということです。


インパクトのイメージは距離が伸びても同じです。

スタンス幅、スイング幅が大きくなるだけ。

30ヤードができたら振り幅を大きくして、40、50、60ヤードを正確に打てますよ。

100ヤード以下の距離をとことん練習して打てるようになると、大幅なスコアアップが望めます!!

たかぱぱ
たかぱぱ

アドレスは、いつの間にか

ずれていきます。

どうしたら、いつも同じアドレスをとれるのか??

練習場でも1球、1球しっかりと構えなおして

目標方向にしっかり向けるように

練習しましょう!!

追伸

30Yのアプローチはとても大切です。
ビジネスゾーン って言葉を聞いたことありますか??
腰から下のスイングは、お金になるということから、こう呼ばれます。
そして、ビジネスゾーンの練習は、全てのスイングの基本を作れます。


30Yのアプローチのアドレスで、よくある問題は以下の通りです。

  • ボールが左過ぎる。
  • ボールが遠すぎる。
  • スタンスが広すぎる。

アドレスは基本です。
アドレスが悪ければ、スイングがきれいでも良い球は打てません。

まずは、アドレスから見直しましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました