短い距離のアプローチ!!残り30Y以内どう打てば良いの??

アプローチの手順 アプローチ
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

アプローチをとことん練習するようになったら

スコアが格段に良くなったよ!!

うしさん
うしさん

上級者は、ティーショットで失敗しても

100ヤード以内で巻き返してくるよ!!

やはりスコアを安定させるには

ショートゲームの上達が必須だよ!!

「どうしたらしっかりと寄せられるの?」
「短い距離だと何となくで打ってしまう・・・」

このブログでは何度もお伝えしていますがが、100ヤード以内、ショートゲームこそスコアアップの鍵です。
上級者は、グリーンを外しても寄せワンでパーをとります。

30ヤード以内はワンパットを狙える距離まで寄せていけるようになると、かなりスコアが安定してきます。

ただ
「30ヤードぐらいだから、これぐらいの力で打とうかな・・・」
ぐらいの感覚では中々よってはくれません。

ということで本日は、
「しっかりと寄せるアプローチの打ち方」
をお伝えします。


しっかりと寄せるアプローチの打ち方!安定の寄せで100を切る!

ラウンドでアプローチを打つ前に次の方法で素振りをすると距離感がよくなります。

まずは、状況を充分に確認


「 残り、30ヤード!得意な距離!いつも通りの振り幅で!」

と考えてすぐに打って良いのでしょうか?


私の知り合いでドライバーでのティーショットは、めちゃくちゃ緊張して慎重に打つ割りに、カップに近づくにつれてテキトーなプレーになっていく人がいます。

パッティングやアプローチは、ドライバーショットに比べてミスが目立ちにくいのかもしれませんが、スコアに直結する重要な一打です。

丁寧に状況を把握することによって、1センチでも寄せられるようにしましょう!



ライはどうか?


フェアウェイ上にあれば特に考える必要はありません。

しかし、ペアグラウンドであれば、サンドウェッジで打つと少しのミスでクラブが跳ねてトップの可能性が出てきます。

また、深いラフであれば草にクラブか絡まり振り抜くことが出来ないでしょう。

まずはライを確認しましょう。


打つのは傾斜地からか?


傾斜によって打ち出す方向やボールの高さが変わります。

スタンスを取ってみて、つま先上がりか、つま先下がりか、右足が高いか、低いか
傾斜を確認して、どの様に打っていくべきか考えましょう!

またそれにより、ボールの位置も微調整が必要になります。


ボールを落とす場所の傾斜は?


ボールの落とし場所の傾斜により、ボールのはね方が変わります。
当然、手前側に受けていればランが短くなります。
それにより、落とし場所とクラブの選択を考えなければいけませんね。

ボールを落とす場所の地面の硬さは?


落とし場所の地面が硬いとランが増えます。
柔らかいとランが減ります。

グリーンに落として跳ねそうであれば
エッジより手前に落としましょう。

また、その日のコースのコンディションによっても変わってきます。

前のホールではどうだったか、次のホールではどう攻めるべきか

考えながらラウンドするとスコアが良くなります!!


グリーンの傾斜は??


大切な1打です!
アプローチでカップの根本に寄せるにはグリーンの読みも大切です。

しっかりと寄せるにはを狙うならパットと同じくらい正確にグリーンを読む必要があります。

ちゃんとグリーンを読めれば、もしかしたらチップイン・・・なんてこともありますよ!

状況を確認することも大切ですが、アドレスをしっかりととれるかも重要です。
基本ができていなければ、再現性のあるプレーは難しいです。

こちらもご覧ください。↓

アプローチ30ヤードを寄せるなら、まずはアドレスを見直そう!!

素振りを丁寧にする!

アプローチは素振りが大切です。

素振りを「チャッチャッ」と適当に行う人もいますが、

もっと丁寧に素振りをすると、距離感が良くなります。

具体的には、

実際にボールを打つイメージで素振りをする

イメージしたボールが、「イメージした強さ」でカップに吸い込まれる(カップの根本に止まる)までフィニッシュの状態を保つ。

ゴルフはイメージがとても重要です。
イメージが強ければ強いほど、思った通りのスウィングと球筋を描きます。

本番に近い状態でリハーサルが出来るので、距離感がつかみやすくなります。

地面に傾斜があれば、ボールの位置を微調整できます。

また、芝の抵抗を事前に把握することもできます。


意味のある素振りで、アプローチは寄る!!


「よっしゃ、寄ワンだ!!」
そう思って打ってみると毎回ショート・・・

アマチュアはアプローチでもパターでもショートすることが多いと統計で出ています。
どうすれば距離感を良くなるのでしょうか??

簡単な方法として、
「意味のある素振りを行うこと」
があります。

1回目は、「ショート気味の素振り」
2回目は、「オーバー気味の素振り」
3回目は、「距離ぴったりの素振り」

をやってみましょう。
このように3回素振りをすると距離感に大きな狂いがなくなります。
3回目の素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちましょう!!

まとめ


寄せワンを量産するアプローチの打ち方をご紹介しました。

少し長くなったのでまとめます。

  • 状況を充分に確認
  • 意味のある素振りで、アプローチは寄る!!


アプローチの距離感が良くなるとパット数が減ります。


「急激な進歩を遂げたいと思うなら、練習の90%をショートゲームに割り当てる」

と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

ラウンド中の何ホールかは、大叩きをしてしまう・・・
という方は、ショートゲームの練習をするとかなりスコアが安定します。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

たかぱぱ
たかぱぱ

焦って闇雲にアプローチを打っても寄りません!!

どういう手順で打つのか

自分の中でルーティンを組みましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました