距離のあるバンカーショットってどう打つ??30Yガードバンカー

距離のあるバンカーショットってどう打つ? ハザード
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

距離に関係なく、

サンドウェッジでいつも通り
バンカーショット??

本当にこれでいいのかな・・・

うしさん
うしさん

ちょっとの工夫で
もっと寄せられるようになるよ!!



「どうすれば距離のあるバンカーショットを上手く打てるのか?」



ピンまでの距離が30ヤードもあるバンカーショット。

どうやって打つか迷いますよねー
普通に打ってグリーンまで届くのか??
でもグリーンオーバーしたら怖いし…

グリーン周りでのミスショットは
スコアダウンに直結します。

距離のあるバンカーショットを攻略できるとスコアが良くなります。

ということで今日は
「ピンまで30ヤード!距離の長いバンカーショットの攻略法」
をお伝えします。


ピンまで残り30ヤード!!微妙に距離のあるバンカーショット!さてどう打ちましょう・・・



「砂を薄くとる!」は、かなり難易度が高いんですよね・・・

残り距離が30ヤードというバンカーショット・・・
いつもと同じサンドウェッジを握る!

で良いのでしょうか??

サンドウェッジでいつも通り打っても10ヤードか15ヤード程度しか出ないのではないでしょうか?

サンドウェッジで「砂を薄く取る。」という方法もありますが、これは難易度がかなり高いショットです。

砂を薄くとる正確な技術が必要になります。
いつもよりも薄く・・・
なんて考えながら打つとトップしてグリーンを大きくオーバーしてしまうことになります。

またいつもよりスイングを大きく・・・、強く・・・
というのも簡単ではないです。

アマチュアが無理をすると、体の動きが必要以上に大きくなり、ボールを直接打ってホームランになります。

サンドウェッジではなくアプローチウェッジ、ピッチングウェッジを使う


私のオススメは、いつも通りサンドウェッジを使って打ち方を変えるのではなく、クラブを変える方法です。

つまり
「サンドウェッジの代わりに、アプローチウェッジやピッチングウェッジを使う!!」
ということです。


すると、ロフトが立っている分、前に飛ぶ力が大きくなり30ヤードの距離を打ちやすくなります。

また、S/Wより低く飛び出て、ランの多いボールになります。


打ち方を変えない!SWと同じように!


打ち方はS/Wと同じです。

クラブフェースを開き、エクスプロージョン(砂を叩く)します。

A/W、P/Wもフェースを開くことで、バンス効果が使えます。

「砂を薄く取ろう」という意識は不要です。

砂を厚めにとっても良いので、大きなミスになりにくくなります。


まとめ

本日は、30ヤード程度の距離の長いバンカーショットの攻略法をご紹介しました。

少し長くなったのでまとめますと

  • 砂を薄くとる!!はかなり難易度の高いショット
  • S/WではなくA/W、P/Wを使う
  • 打ち方を変えない

の以上3点を意識してしましょう!!



S/Wで30ヤードの距離を出すのは難しいです。
打ち方や力加減での調整は、失敗への不安からインパクトで緩むことがあり、最悪バンカーから出られない場合もあります。

ご紹介した方法なら大きなミスにならず
グリーンにボールを運べます。

ポイントは、
打ち方は変えず、クラブを変えるということです。

バンカーショットに対する自信がつくと、セカンドショットにおいて果敢にグリーンを狙うことが出来ます。
するとゴルフの戦略が増え更に楽しいプレーにつながります!

参考になれば幸いです!

たかぱぱ
たかぱぱ

不安が多いバンカーショット

しっかり練習して自信を持って

打っていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました