ベアグラウンドからどう打つ??地面からのショット、アプローチ!!

ベアグラウンドからの打ち方 ハザード
スポンサーリンク


練習場では体験出来ないベアグラウンドからのショット
アプローチなら、ライなんて関係なくいつも通りのサンドウェッジ!!
・・・なんてことをしてたら何故かトップ・・・

どうすれば、ベアララウンドからアプローチを上手くてるのか?
経験がないと中々分かりませんよね?

芝の生えていない場所をベアグラウンドといいます。

既にご存知かもしれませんが、ベアグラウンドからのアプローチはとても難しいものです。

特に、春は芝が薄いです。

ベアグラウンドからボールを打つケースも多くなります。

ベアグラウンド対策を知っておくと、どのように打てば良いのか迷いが無くなり、スコアを崩さずにすみますよ。

本日は
「ベアグラウンドからの打ち方について」
をお伝えします。


ベアグラウンドからのショット、アプローチの打ち方

ラウンド中に、
「練習場と同じように平坦で柔らかいゴムマットからのショット」
なんてことはありません!!

毎回違う状況ですよね??
傾斜、ライ、天候・・・

ゴルフは対応力を養うことによってスコアが崩れる可能性が低くなります。

ではベアグラウンドからどのように打てば良いのでしょうか??

ロフトの立っているクラブを使う!!

まずはクラブ選択からですね

アプローチだからといって、いつも通り、サンドウェッジでふんわりあげて!

なんて考えていると失敗する可能性川高まります。

ベアグラウンドからSWを使うとミスショットになりやすいです。

ボールの下に芝がないのでバンスの大きいSWははじかれてしまいます。

地面でクラブが跳ねてトップが起こります。


SWではなく、PW、9番アイアン、8番アイアンなどのロフトの立っているクラブを使うと楽に打つことができます。

少しくらいボールの手前の地面を打っても、跳ねないため、大きなミスになりにくくなります。


グリーン手前にバウンドさせよう


ボールの落としどころはグリーンにする必要はありません。
サンドウェッジで打たないので転がりを考え、グリーン手前にバウンドさせるようにしましょう。

1回、2回とグリーン手前にバウンドさせて、転がして寄せるようにしましょう。

プロの試合でも高速グリーンを攻略するときに、グリーン手前から転がしているのを見たことがありますよね?

無理にボールを上げる必要はありません。

「ゴルフはゴロフ」

と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか??

グリーン手前から転がした方がゴルフは簡単になります。


パターを使うのも賢い選択

私はグリーン外からでも、よくパターを使います。
パターだと打ち損じることが少ないですよね!!

ボールとグリーンまでの間の芝が薄いならパターを使うのも賢い選択です。

ボールの下がベアグラウンドになっている状況なら周囲の芝が薄い可能性も高いです。

グリーンの外からでもパターを使いやすい状況なのです。

ベアグラウンドは上級者でも難しいライです。

「パターは使えないか?ミドルアイアンで転がせないか?」
を考える癖をつけると良いです。

まとめ

本日は、アプローチの打ち方(ベアグラウンドからの打ち方)をお伝えしました。

少し長くなったのでまとめますと、

  • ロフトの立っているクラブを使う。
  • グリーン手前にバウンドさせよう。
  • パターを使うのも賢い選択

アプローチはスコアアップにとても重要です。

ゴルフは、様々な状況をしっかり勉強しておくと対応力が高まります。

そして、
「アプローチはできるだけ転がす」
と考えるとシンプルです。

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!!

様々な状況からの打ち方を覚えておくと

戦略に幅が出てゴルフが楽しくなりますよ!!

是非参考にされてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました