知ってた??ドライバーの悩みはこれで解決します!!なんで曲がる?

ドライバーの飛距離と方向性を良くするには前傾角度をキープ!安定100切り ドライバー
スポンサーリンク

初心者のドライバーの悩みといえばスライス!!
スライスが治ると飛距離に悩み始め、中級者はフックに悩みます。

ティーショットをフェアウェイに落とせれば、かなりスコアメイクが楽になります。
ライバル達をオーバードライブしてフェアウェイのど真ん中を歩くのは気持ちいいです!!
(性格悪いですか??笑)

実は、飛距離・方向性の悩みは「前傾角度をキープ」することによって、解決されます。

たかぱぱ
たかぱぱ

前傾角度の

キープを意識するようになってから

格段にショットが安定するようになったよ!!

うしさん
うしさん

基本だけど忘れがち!!

遺影でも出来るドリルを紹介するぞ!!

自分のショットをカメラで撮影し、プロのティーショットと見比べてみましょう。
上級者は、スイング中に前傾姿勢をキープしています。

前傾姿勢をキープできると

ミート率が良くなり飛距離が出る。
インパクトゾーンが長くなりショットが安定する。

ということで今日は
「ドライバーの悩みを解決!!前傾角度をキープするには?!」をお伝えします!!



ドライバーの悩みを解決!!前傾角度をキープするには?!


アドレスの際に作った前傾角度はトップからフィニッシュまで変わらないのが理想です。

ゴルファーの多くは、インパクトで上半身が起き上がってしまいます。


前傾姿勢が変わっていないかの確認方法!

まずは

「前傾角度が変わっていないか?」

をチェックしてみましょう。

何点か紹介しますが、どれもすごく簡単な方法です。
日頃から行い、体に前傾姿勢のキープを覚えさせましょう。

家でも出来る!前傾角度の確認方法


まず、お尻を壁につけてアドレスします。
クラブを持たなくて大丈夫です。、

そのままスイング(シャドースイング)を行います。


もし、インパクトでお尻が壁から離だならば、前傾角度が変わり、体が起き上がったということです。


コースでのチェック方法


家でクラブを持たずに、シャドースウィングなら前傾角度は変わらないという方でも、
「コースにでると前傾角度が変わる。」
という方もいます。

自分はコースでも変わらず前傾角度を保てているのかチェックしてみましょう。

この方法も簡単です!!

前傾姿勢をキープしたまま球を打ちフィニッシュをすると景色が斜めに見えますね

フィニッシュでは垂直に立っても良いですがフォローまでは前傾角度を保ちましょう。

「フォローの位置で目標方向を見た時
 景色が斜めに見えるか?」

をチェックしましょう。

景色が斜めにみえなければ前傾角度がかわった証拠です。

また、フォローで前傾が変わるゴルファーは、バックスイングでも前傾角度が変わる方がいます。

フォローで前傾角度が変わる場合は
バックスイングもあわせてチェックすると良いです。


理想のスイングを確認しよう!!

でも本当にお尻の位置は変わらないのが正しいのでしょうか?

プロはどのようなスイングをしているのでしょうか?


タイガーウッズ選手のスイングで確認してみましょう


アドレス時とインパクトでお尻の位置が
変わっていないのがわかります。


前傾角度をキープするドリル

ここからは、前傾角度キープするドリルをご紹介します。

チェックで行ったドリルと同じです。


壁にお尻を付けた状態でアドレスをする。(クラブは持たなくても良い。)

常にお尻の一部分が壁から離れないようにしてスイング(シャドースイング)

これを毎日コツコツ行うことによって、インパクトでの起き上がりをしないスウィングを体に覚えさせることが出来ます。

家だけでなく、練習場で球を打つ前や、コースでラウンド前などでも、柱、壁、ゴルフバック、椅子の背などを利用し前傾姿勢のキープを意識しましょう。

ラウンド中にもスキマ時間を活用して、今回紹介したドリルを行うことにより、前傾姿勢のキープをラウンドの終始を通じて行うことができるようになります。

1番ホールから18番ホールまで調子を崩さず乗り切るって難しいですよね!
何度も調子が良くなったり悪くなったりの繰り返し…

このドリルを使うことにより安定したスウィングを行うことが出来ます。

そうなるとスコアも安定しますね!

まとめ


ドライバーの打ち方(上半身の起き上がりを防ぐ方法)をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

前傾姿勢が変わっていないかチェック(壁にお尻をつけてシャドースイング)
コースでのチェック方法(フィニッシュで景色が斜めに見えるか?)
理想のスイングを確認
前傾をキープするドリル(壁にお尻をつけてシャドースイング)


前傾姿勢のキープを出来ていないゴルファーはとても多いです。

私の友人は今回紹介したドリルを毎日五分ほど行うことにより、ドライバーの飛距離と方向性がかなり良くなったと喜んでいました。

また、前傾の角度をキープが出来ることによって、ドライバーの飛距離、方向性が安定するのはもちろんですが、アイアンやウェッジでも安定したショットを行えるようになります。

実は、短い距離のアプローチでも意外と体が起き上がってトップしてしまう人って多いです。

前傾姿勢スコアが格段に伸びるはずですよ!!


まずはコレをチェックしてみて下さい。



また、職場、オフィスでもチェックするのとが出来ます。

アドレスでお尻を壁につけてシャドースイング」(机や椅子でもok)
インパクトでお尻が壁から離れたら前傾角度がかわった証拠

どうでしょうか??

出来ていなかったらご紹介したドリルをお試しください!!

たかぱぱ
たかぱぱ

前傾角度の維持は

本当に重要です!!

意識するだけでスイングが安定します!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました