ゴルフでマメができるのはダメ?場所によっては問題なし!

ゴルフでマメが出来るのはダメ コラム
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

久しぶりに手にマメが・・・

なんでだろう??

先日2ヶ月ほどの出張から帰ってきて久しぶりにゴルフの練習場に行くと手にマメができていました。

ここ一年ほどは、その様な事はほとんどありませんでしたので色々調べてみました。

すると、ゴルフとマメについて面白い情報か多々ありました。

本日はゴルフの練習でマメがよくできる方に向けてまとめましたので是非ご覧ください!!

手のマメはゴルフの練習を頑張ったから??


ゴルフ練習をしていると手にマメができることがありますよね。
特にゴルフを始めたばかりの方は良く出来ると思います。
実は、そのマメのできた位置でゴルフのレベルが判断できるって知ってましたか?

マメができて良い部分、ダメな部分があるのです。
「マメができるまで練習を頑張った!!」と勲章のように思っている人がいますが、間違った位置にできていればその練習は無駄であったかもしれません。

そして、左手人差し指(右打ちの場合)にマメができている人は特に注意が必要です。

右手にできて良いマメとは??


ゴルフの練習をしていて、右手にマメができても良い位置は1か所しかありません。

それは人差し指だけです。

先程も述べた通り、左手人差し指にマメができるのは要注意ですが、右手人差し指はOKな位置になります。

しかし、右手人差し指の付け根から第2関節の側面だけとピンポイントに位置が決まっています。

これは、右手でボールを押し込むことによってマメができる位置ですので許容範囲内となります。
基本的には右手にマメができること自体少ないと思います。
理由は、ゴルフのグリップでは右手は添えるだけと言われているからです。
力を入れないはずの右手にマメができることは良くないことと言えます。
特に、右手のマメで要注意なのは親指です。
右手親指にマメができるのは、手打ち気味になっている可能性が高いそうです!!

手打ちをしてしまうとスイング軌道がアウトサイドイン軌道になることが多く、スライスのミスが出やすいです

マメでスイングの悪い癖が分かるなんて凄いですよね笑

右手の親指にマメができる人は右手を使いすぎている証拠です。

そのような方は自分のスイングを見直すいい機会かもしれませんね。

左手にできて良いマメ

ゴルフで左手にできて良いマメの位置は、小指と薬指、中指とその付け根
右手よりも多いですね

先程お話したようにゴルフは基本的に左手を使ってスイングをするからですね。
グリップは、小指と薬指、中指の3本でクラブを握ります。

左手主導でクラブを握りますので、できて当然と考えて良いです。
しかし、左手人差し指と親指にマメができるのはNGです。
そこにマメができると言うことはグリップに問題があることがほとんどです。

グリップは、人とクラブを繋ぐ重要な部分です。
悪いグリップで良いショットは絶対に打てません。
正しいグリップができているか一度見直してみましょう。

左手人差し指の第一関節から付け根のマメ


最初に要注意と挙げていた左手人差し指のマメについて詳しく説明します。
実は、この位置にマメができてしまうゴルファーは、手のサイズにグリップが合っていない可能性があります。

サイズが合わないことで手の中でグリップが動いてしまうことで間違った位置にマメができるのです。
またグリップの仕方によっても対応が変わってきます。

パームグリップをしている人は太目のグリップにすると指先に力が入りグリップが安定しマメができるのを防ぐことができます。
対してフィンガーグリップをしている人は、グリップを細めにすることで指先が手のひらにしっかりと付くので、指先に力が入りやすくグリップが安定します。

またフィンガーグリップの場合は、ストロンググリップが相性が良いです。
このことから、左手人差し指の第一関節から付け根にマメができる人は、使用しているグリップサイズを見直す必要があるでしょう。

左手人差し指の第二関節付近のマメ

左手人差し指のマメの原因は、右手を使い過ぎていることが原因の一つとして考えられます。
テイクバックの際に右手でコックすることでヘッドスピードが上がります。

しかし同時に左手でヘッドを目標方向にフォローする動作が加わらないと左手の中でグリップが動いてしまいます。

グリップは両手で一体感を持ち動かさなければしっかりとクラブを振ることができず、飛距離が出ない上に間違った位置にマメができてしまいます。

マメができないためにはインパクトゾーンでの手の使い方を注意しなければなりません。
まず右手のコックを戻すのはインパクトゾーンに入ってからです。
その際に左手もヘッドを目標方向に送るよう意識しなければなりません。 コックを伸ばす時がリストターンの始まりになるのですが、右手だけでなく両手でヘッドを送るようにしてください。
ここを右手だけでしてしまうと右手を使い過ぎることになり、左手人差し指にマメができてしまいます。

最初にお話ししたように、右手にできるマメも右手の使い過ぎが原因でした。
基本的に間違った位置にマメができるのは右手の使い過ぎが原因となります。

左手人差し指の第二関節の外側のマメ


左手人差し指の第二関節の外側にマメができるのは、グリップを強く握りすぎているからです。
ゴルフスイングの両手の力加減と言うのは、経験で分かる部分が大きいように感じますので中々習得しづらいですよね…
しかし、左右の手の役割をしっかり理解することにより、少しずつ調整できるようになっていきます。
左手の役割は飛距離を出すため、右手の役割は方向性を良くするためです。

方向性を出すのにそこまで力は必要ないので右手は添えるだけど言われているのです。

程良い力加減でグリップするための握り方は以下のようにしましょう。

左手は中指と人差し指、小指のみで握り、 左右共に親指と人差し指でV字を作ってグリップを固定させます。

右手の他の指は添えるだけでOKです。
そうすると余計な力を入れることなくクラブを振ることができるでしょう。

上級者はマメなんてできない!!


ここまで良いマメとダメなマメについて、また、その原因をお話ししましたが、実はゴルフ上級者はあまりマメができません。

マメができないことが理想ではあるのですが、せめて正しい位置にマメができるように改善していきましょう。

ゴルフ上級者がマメができないのは正しいグリップの握り方をしているからです。
またそれだけでなくグリップを握る強さも正しくなければなりません。
グリップは軽く握りすぎても、強く握りすぎてもダメなのです。

またグリップと指の間に隙間ができるような握り方もNGです。

グリップの改善から取り組み、その次にスイングの改善をしましょう。

グリップを変えると違和感が大きく、なかなか慣れませんが、グリップの改善は遠回りのようで上達の近道です!!

逆を言えば、グリップとはそれだけ重要な役割を担っていると言うことになりますね。

マメは努力の証!!ではない…


練習を終えてボロボロになった手を見ると
「今日もやってやったぜ!!」
という気持ちになりますよね!!
しかし、なんと!!
上級者はマメはできません…
マメができているうちは更に努力する必要があるということですね!

まとめ


マメのできる位置によっては、スイングやグリップ圧に問題があるということが御承知頂けたと思います。

自分の欠点を見極めてレベルアップを目指しましょう!!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日もご覧頂き

ありがとうございました!!

どんどん練習して

上達しましょうね!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました