お悩み解決!ドライバーの方向性を良くするには?安定ティーショット

安定してドライバーを打つコツ!方向性重視でスコアアップ! ドライバー
スポンサーリンク

たかぱぱ
たかぱぱ

こんにちは

ティーショットが上手くいくと

ほっとする!

たかぱぱです!!

ドライバーが安定するとスコアが良くなりますし、何よりも気持ちよいラウンドが出来ます。

100を切るためには、ティーショットのOBは避けなければなりません。
90を切るためには、200ヤード以上飛ばしてセカンドが打ちやすい場所にボールを落としたいですね。

狭いコースでティーショットを左右に曲げてしまうとスコアを崩してしまいます。
しかし、狭いコースは、距離が短いケースが多く、ティーショットさえ曲げなければボギーやパーで上がれる可能性もあります。

スコアを安定させるには、堅実なドライバーショットが必要です!

今回は、ドライバーの方向性を良くする方法についてお伝えします。

とても簡単なものなので是非お試しください!

安定のドライバー!!方向性を良くするには??

ボールが飛び出す方向は、フェース面の角度によって決まります。
スイング軌道により球は曲がりますが、OBになってしまうほどボールをコントロールできていないという場合は、出だしから思っている方向に飛んでいっていないのではないでしょうか??

今回紹介させていただくコツはすごく簡単なことです。
フェース面をうまくコントロールして、ドライバーの方向性を良くしていきましょう!!

テークバックの始動30センチは真っすぐ引く

ドライバーで悩む方の多くは
「スライスが治らない」
という場合が多いです。

そういう場合は、テークバックの始動30センチを真っすぐ引くイメージを持ちましょう。
テークバックですぐにインサイドにクラブヘッドを上げてしまうと、カット軌道になりスライスになります。

また、テークバックですぐにフェースを開いてしまう人がいます。
すると、フェースが開いた状態でインパクトを迎えるようになります。
そうなれば、プッシュアウトが出ます。

テークバックの始動で
「すぐにインサイドにクラブヘッドを上げてしまう。」
「すぐにフェースを開いてしまう。」
場合の原因は手打ちです!!

手を使わず、体を捻転させていけば、勝手にインサイドに上がることもフェースが開くこともなくなります。

ドライバーを短く持ってみよう!

フェアウェイをキープするのに、簡単でシンプルな方法があります。
それは、
「クラブを短く持つ」
ということです。

短く持つことで、スイートスポットで打てる確率が大幅にアップします。


つまり、芯で打ちやすくなるということです。

アイアンに比べて、ドライバーを苦手だと考えている人は沢山います。

そして、ドライバーを難しく感じる一番の理由は
「クラブが長いから」
ではないでしょうか?


いつもよりよドライバーを指3本分ほど短く持ってみましょう。

思ったりよりも簡単にショットが安定します。

短く持っても飛距離が落ちない??

でもクラブを短くもつと飛距離が落ちそうですよね?

もちろん上手く打てるのであれば短く持てば持つほど飛距離は落ちます。

しかし、実際に試してみるとわかるのですが、私たちアマチュアゴルファーの多くは、飛距離が落ちません。
むしろ平均飛距離は伸びることが多いです。

理由としては、
芯で打てる。
フェース面が安定する。
カウンターバランスの効果でヘッドが走る。
ということがあります。

「カウンターバランスの効果でヘッドが走る」とは、
「クラブを短く持つことによりグリップエンド側の重量が増え、ヘッドが走りやすくなる」
ということです。

少し難しいですが、とりあえずグリップエンド側が重くなるとクラブが走るのだと
頭の片隅に入れておいて頂ければ十分です。

ちなみに、
ドラコン選手の中には、グリップエンド側に重りを入れる方もいます。

いろいろ理由を挙げましたが、
まずは、騙されたと思って試して下さい。

クラブを短く持つだけで飛距離は落ちずに
ショットが安定します。

実はプロでもドライバーを短く持っている?!

ドライバーを短く持つと有名なのは福嶋晃子プロです。

なんと福嶋晃子プロは男子プロなみの飛距離でした。

「福嶋プロはパワーがあるから短く持っても大丈夫なんだよ」
と思うかもしれませんが、クラブを短く持つ効果は実際に試せば一発でわかります!

また、方向性が悪くなる場合に、「インパクト時の上体の起き上がり」が原因であることもあります。
前傾姿勢をキープすることは、方向性の安定だけでなく飛距離の向上にもつながります。
↓こちらの記事もご覧ください。

知ってた??ドライバーの悩みはこれで解決します!!なんで曲がる?

まとめ

今日は、「ドライバーの方向性を良くするには?」というテーマでコツをお伝えしました。

まとめますと、

  • テークバックの始動30センチは真っすぐ引く
  • ドライバーを短く持ってみよう!

ということです。

クラブを短く持つと飛距離が落ちそうです。
しかし、実は飛距離はそれほど落ちません。

「最大飛距離」は落ちるかもしれません。
しかし、「平均飛距離」は落ちないのです。

狭いコースは、まずは飛距離を伸ばそうとせず、「狙った場所に打つ」ことが大切です。

狭いコースは左右に曲げると確実にスコアを崩してしまいます。
しかし、距離が短いケースがおおいので、ティーショットさえ曲げなければパーやバーディーを取れる可能性もあります。

ティーショットが上手くいけば大幅なスコアップを期待できるだけでなく、気持ちよくラウンドをすることが出来ますよ!!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!

ご覧頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました