ドライバーの右プッシュアウトの原因ってなに?ドローボールになる?

プッシュアウトを防いで飛距離を伸ばすには?? ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

こんにちは!!

たかぱぱです!

ゴルフを始めて間もない方は、
「ティーショットが必ず右に飛んでいく...」
と悩まれている場合が多く見られます。

インパクト直後からボールが曲がらず、まっすぐに右に飛んでいくことをプッシュアウトと言います。

どうすればドライバーのプッシュアウトを直せるのでしょうか?

もし
「ボールが右に真っすぐ飛んでしまう」
と悩んでいるなら

今日の記事を是非参考にされてください!
簡単なコツですが役に立つはずです!!

プッシュアウトとは

「出だしから真っ直ぐに右方向へ飛んでいってしまう」
というものです。

スライスは、右にカーブを描きながら飛んでいくことですね。

実はプッシュアウトから練習を積み重ねていけば
ドローボールが打てるようになります!

ドローボールって憧れますよね!
ドローボールは飛距離が出るって聞きますし!!

ということで今日は
「ドライバーで右へのプッシュを防ぎ、かつ、飛距離を伸ばす方法」
をお伝えします!!


ドライバーで右へのプッシュを防いで飛距離を伸ばすには??

インパクトで手を返すのは危険


ボールの方向を決めるのはフェース面です
そしてボールの回転を決めるのはスイング軌道ですね

ボールが右に真っ直ぐに飛んで行ってしまう理由は、2つあります。

  • インパクトでフェース面が開いてしまっているから
  • スイング軌道がインサイドアウトになってしまっているから

です。

インサイドアウトで打て!
とよく聞きますよね?

インサイドアウトは良い軌道です。

あとは、インパクトのときにフェースがしっかりとターゲットを向いていれば
プッシュアウトを防ぐとともに
ドローボールが打て、飛距離が出ます。

問題はフェース面が開いているかどうか…

といってもフェースが開いているから
手でこねよう!
インパクトで手を返すのは大変危険です!!

インパクトの一瞬のタイミングに上手く合わせて手首を返すなんて難しいですよね

毎回、球がばらつき、どこに球が飛んで行くのか検討もつかなくなります。

ちなみに、
右手を使おう!
という意識が強過ぎると
リリースが早くなりヘッドスピードが落ちてしまうこともあります...

まずはアドレスでフェースが開いていないかチェック!

プッシュアウトは実はグリップの見直しだけで直るケースが多いです。

ほんの少しストロンググリップを意識するだけで今みで右へのプッシュだったのがドローボールになったりします!

最適なグリップは個人差があります。

スイング、アドレス、体格などにより変わります。

クラブの進化、スイングの進化でも変わります。

少しずつ微調整してあなたにとって最適なグリップを見つけて下さい。

右プッシュになる場合は、「少しストロング」にするとドローになりますよ。

ストロンググリップ(フックグリップ)が主流

最近、ツアープロでもストロンググリップの選手が増えているそうです。
ストロンググリップにしてインパクトでは手を返さずにインサイドアウトで振り抜く。

最近の大型ヘッドのドライバーは、ストロンググリップにすると飛距離がでてショットも安定しやすいです。

是非ストロンググリップを試してみてください!!

まとめ

本日は、ドライバーのプッシュアウトを防いで飛距離を伸ばす方法をご紹介しました。

まとめますと

  • インパクトで手を返すのは危険
  • アドレスでフェースが開いていないかチェック
  • ストロンググリップが主流

右プッシュになる場合は
グリップがウイークになっているケースが多いです。

インパクトでの「手の返し」を絶対にするなと
いうわけではありませんが

右プッシュになる場合は
「アドレス時のグリップがウイークになっていないか?」
最初にチェックしましょう。


右プッシュになる場合は
「少しストロンググリップ」
をお試しください。

ドローボールになり飛距離が伸びる可能性が高いです。

「グリップを変える」のが怖いなら
「いつもより少しフェース面をかぶせてグリップをし直す」
という方が実践しやすいです。

ダメなら元に戻せばいいだけです。



飛距離が伸びるとセカンドショットで
短いクラブを使えます。

パーオン率が増えてパー、バーディーを狙える
「攻めのゴルフ」ができますよ。

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です。

プッシュアウトをドローボールに変えて

スコアアップを目指しましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました