ドライバーのスタンスを広げすぎて飛距離をロス?!安定した100切りを目指そう!!

ワイドスタンスで飛距離ロス?! ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

ようやくドライバーが安定してきた

たかぱぱです!!

うしさん
うしさん

ティーショットがちゃんと安定すると

気持ちよくラウンド出来るよ!

 

ドライバーでティーショット!
ぶっぱなしたい!!

でもこのブログのコンセプトは

「簡単に100を切る方法を皆様にお伝えする」

ということ

ワイドスタンスで当たればでかい

ほとんどチョロかOBだけど・・・(笑)

みたいなティーショットは私はお勧めしていません!!

(100を切りたいという観点だけで言うとです!スコアを意識していないときは私もマンぶりします。)

今回は「実はワイドスタンスは飛距離のロスにつながる」ということをお伝えしていきます。

いきなりですがワイドスタンスは危険です!!

「飛ばしたいから、スタンスを広めに!」という、そこのあなた!!

ワイドスタンスにして今まで本当に飛ぶようになりましたか??

力強く振れている感じはしても、結局はいつもと変わらない飛距離だったりしませんか??

ワイドスタンスにするとむしろ飛距離が落ちる場合も多いです。

たかぱぱ
たかぱぱ

私は、ワイドスタンスで

飛距離ロスどころか

チョロばっかりだよ・・・

うしさん
うしさん

そのせいでテンポがくるって

2打目もチョロだよな!

スイングがぶれる?!

スタンスを広くすることによりスイング軸がぶれやすくなります。

理由は体重移動の幅が大きくなるからです。

もちろんキチンと当てることが出来れば飛距離は伸びるのですが
そこまでの技術を身につけるには沢山の練習時間が必要です。

プロの技術があれば全く問題ないでしょうが
アマチュアの私たちには芯に当てるのがすごく難しくなります

よって飛距離が落ちることにつながってしまいます。

100を切るのが目的のこのブログでは

まずは安定したドライバーショットを目指すことをお勧めします。

ではどれぐらいが適正なの??

タイガー・ウッズの著書では

「両肩の一番端(外側)から真っ直ぐ下に線を引くと、ちょうど両足(靴)の内側の部分にその線が来る程度の広さ・・・で構える」

と語っています。

つまり大体、肩幅ってことですね。

余談ですが、以前、同僚とスタンスの話をしたときに、

その同僚が「俺は肩幅ぐらいかな」と言いながら
おもむろに開いたスタンス幅が肩幅の1.5倍ぐらいあったという笑い話があります。

その時、近くにあったハンガーを足元に置いて比較して当人はかなり驚いた様子でした。

自分で肩幅に開いているつもりでも
思ったより広い場合があります。

ハンガーは肩幅と同じぐらいですので良い比較になります。

是非試してみてください!!

まとめ

ドライバーで飛ばしてやろうとワイドスタンスをとっても
ミート率が下がり結果的に飛距離をロスしてしますことになります。

スタンスは肩幅!

必要以上にスタンスを広げる必要はありません!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!

適正なスタンス幅で

安定したティーショットを

目指しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました