100切りアプローチ インパクトの緩みをなくす!!

インパクトの緩みをなくす!! アプローチ
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

PWでのアプローチ練習が大好き!

たかぱぱです!

うしさん
うしさん

ドライバーが全然打てないのに

アプローチの種類が豊富だから

「こわざ師」と呼ばれてたな(笑)

 ゴルフに対して熱心に勉強されている方ならご存知だと思いますが
ショートゲームはスコアアップのカギです!

そして実は、ティーショットのミスより、

グリーン周りのミスのほうが、大きくスコアに影響します。

 100を切るためにはアプローチのミスは減らすことは必須!!

しかし、50ヤード前後の中途半端な距離が苦手な人も少なくはないはずです・・・

 もし、50ヤードまでのアプローチを
しっかりと自信を持って打てるようになると
大幅なスコアアップが望めますよ!!

 本日は、アプローチのミスの中でも特に多い「インパクトでの緩み」についてお伝えしていきます!!

インパクトの緩みが起きる原因

それはズバリ心の迷いです!!

100を切るなら、50ヤードはオンをしたい距離です。

しかし、SWでフルショットをしても

確実にオーバーしていしまいますし、
ふり幅を調整するしかありませんよね

「どれぐらいのふり幅で打てば良いのかわからず、
素振りを適当にこなし適当にアドレスに突入

そして、スイングの途中で「あっ・・・これはでかい!!」
と急にクラブのスピードを緩めダフる。
結果はチョロで、3ヤードほどしか飛んでいない。」

良くある光景です!

私も何度もやってきました!!(笑)

たかぱぱ
たかぱぱ

自信がついたら

インパクトの緩みがなくなったぞ!

うしさん
うしさん

このミスがなくなるだけで

スコアはかなり改善されるよ

大きなバックスイングが迷いを生む

 インパクトで緩む人を見ていて思うのが

「50Yを打つバックスイングではない」

ということです。

フルショットもハーフショットも
トップから加速しながらインパクトを迎えなければなりません

 50Yしか打つ必要がないのに90Yを飛ばすかのように振り上げ
力を緩めながらインパクトを迎える人が多いです。

緩まないアプローチを習得するには

ゴルフ練習場の風景

 練習場においてバックスイングの基準を持っておくと良いです。

例えば、

「50Yは腰まで振り上げる」

「30Yは右太ももの真ん中まで振り上げる」

のように練習場では50Y、30Yのふり幅を覚えましょう。

 この2つの距離を覚えておくと、その中間の40ヤードや
少し大きくなった60Yもしっかり打てるようになります。

素振りは予行演習

 コースに出たら、アプローチの前に自分のふり幅通りの素振りをしましょう。

一度トップで止めて自分の目で距離感に合ったスイングをしているか確認しましょう。

グリーン周りになると焦って適当な素振りになりがちです。

そして気づかぬ内にバックスイングが大きくなっています。

素振り通りのスイングでアプローチをしましょう!

まとめ

 アプローチの大きな原因の一つである「インパクトでの緩み」は

心の迷いから来ます!!

そしてそれをなくすには自分の中に50Y、30Yの感覚を持っておくことが重要です。

まずは自分のふり幅を覚えると、自信を持ってアプローチを行うことが出来ます。

ティーショットで250ヤード飛ばせても、アプローチでミスをしてまうと帳消しです。

 小さなミスを一つ一つ無くし、着実にスコアアップを目指しましょう!!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は、以上です!!

ご覧頂きありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました