アイアンがダフる理由は?なんで??100切りを目指して!

なんでアイアンがダフるの アイアン
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

得意クラブは6番アイアン!!

たかぱぱです!!

最近、アイアンで妙にダフる・・・

アイアンでボールが力強く飛んでいかない・・・

そんな時にスイングをあれやこれやといじりたくなりますよね??
すると、出口の無い迷路に迷い込んでしまいます!!(笑)

まずは、基本に立ち返ってみましょう!!

ドライバーのアドレスになっていませんか??

アイアンでダフるケースは沢山あります。

そのうちの1つにドライバーのような打ち方をしてしまっている場合があります。

「今度のラウンドこそ気持ちよくティーショットを打ちたい!!」

そう思ってドライバーの練習ばかりしていると、

気付かないうちにアッパー軌道の打ち方になりやすいです。

既にご存知だとは思いますが、アイアンはダウンブローに打つのが基本

また初心者の方は球を上げようとすくい打ちになりがちです。

すくい打ちになるとダフリ等のミスの原因になります。

ドライバーの練習ばかりしていると一番変わりやすいのは「アドレス」です。

体重配分をチェックしてみよう!

 アッパー軌道で打っていると、自分で気づかないうちにアドレスが右足体重になりがちです。

アドレスで右足に体重がかかっていると、インパクトでも右足に体重がかかりやすいです。
すると、クラブ軌道の最下点が右に移動していしまいます。

そうなるとダフリやトップになってしまいますよね。

ミス!とはいかなくても、あたりが薄くなってきたと感じたら要チェックです!!

アドレスでの体重配分が原因の場合が多いです!!

理想の体重配分は5:5

ドライバーの練習をしていると、いつの間にか
「左足:右足=4:6」のように少しずつ右足に体重がかかってきます。

また、右利きの人は右体重になりがちです。

グリップの関係でにより右肩が左肩よりも低くなることも原因の1つです。

理想の体重配分は「5:5」です!

アイアンが最近上手くいかないと思ったら一度アドレスの体重配分を見直しましょう。

明らかに、右に体重が掛かっていて矯正が難しいという人は

逆に左足に少し体重を多めに乗せて打ってみましょう。
当然上手く打つことはできないでしょうが・・(笑)

球を打たなくても素振りをするだけでも良いです。

すぐに「5:5」への矯正が上手くいくようになりますよ!!

まとめ

アイアンでダフるようになってきた・・・
あたりが薄くなってきた・・・

そうおもったらアドレスを見直しましょう。

もしくはドライバーの練習を沢山した後にアイアンの練習をする場合は体重配分を見直しましょう。

「右足:左足=5:5」になっているか
すくい打ちになっていないか

ミスが増えたときこそ基本を見直すことが重要です!!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!!

ご覧頂き、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました