バンカーの苦手意識を克服するための練習法、心構え

華麗なバンカーショット ハザード
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

どーもー!!

ゴルフ大好き!!

たかぱぱです!

 ティーショットが上手くいって、セカンドでオンしたい!!

そう思ってもグリーンの周りにはそれを阻むかの様なバンカーたち!

「どうしよう・・・バンカーに入ったら嫌だな・・・
うーーーむ打つか・・・」

そんなことを考えながらショットをすると大体ミスをします。(笑)

バンカーへ意識をとらわれすぎてまともに打つことが出来ません・・・

バンカーが苦手だと悩んでいる方は多いです。

そしてそんな方は、バンカーが目の前にあるだけでスコアを崩しやすいです。

本日は、バンカーが苦手な理由と練習法についてお伝えします。

バンカーが苦手な理由は簡単

 100切りの方でバンカーが上手くいかない理由は

  • バンカーの練習をやっていない
  • 萎縮してスイングがぶれる

以上の2点です。

たったの2点!!

これらを克服出来ればバンカーに対する恐怖心が薄れていきます。

私の周りに多いバンカー嫌いな人々

もちろん私の周りにもバンカーが嫌い・苦手意識が強い人が多いです。

いつもセカンドを打つ前に

「うわー!グリーン周りバンカーばっかじゃん!!」

と嘆いています。

そういう思いが心の中にあると、不思議とボールはバンカーへ引き寄せられていきます。

バンカーに入ったらクリーンにボールを打ってしまいホームラン
(グリーンを飛び越えてしまうこと)

若しくはインパクトで緩んでバンカーからアウト出来ず・・・

そこでスコアがめちゃくちゃになってしまいます。

シングルさんは?バンカーが怖くなくなると?

ではシングルの方はどうでしょうか??

バンカーに入れることも少ないのかもしれませんが・・・

上級者たちは、バンカーに入ってもそれほどうろたえることはありません。

特に悩むこともなく、とっととバンカーに入り、打ってしまいます。

いとも簡単そうに!

私は以前、シングルの方に
「バンカーが怖くないんですか??」
と聞いたことがあります。

すると、
「死ぬほどバンカーの練習をしてきたからね(笑)
当然入れたくはないけど、練習してないとバンカーが怖くて、セカンドで挑戦できなくなるよ」

と言われました。

バンカーの練習をしっかり行うことにより、苦手意識がなくなります。

そして、積極的にパーオンを狙っていけるようになります。

当然スコアアップをして、更なる楽しいゴルフライフになりそうですね!!

バンカーの練習法

バンカーが備わっている練習場は多いですよね。

少しはバンカー練習へも球数を費やしましょう。

またそうでない場合も下記の要領で練習していただくと、かなり苦手意識が払拭できます。

ティーアップして打つ

バンカーの基本と言えば、

  • オープンスタンス
  • フェイスを開いて
  • ボールの少し手前をダフらせるように打つ
  • バンカーショット(エクスプロージョン)はボールを直接打たない

の3点です。

練習場ではティーアップしたボールをSWでフェースを開いて打ちましょう。

3センチぐらいの高さが良いです。

しっかりと、実際のバンカーショットをイメージしながら打ちます。

ここでは

  • オープンスタンス
  • フェースを開く
  • だるま落としの要領でボールに当てずティーだけ打つ

ように心がけます。

上手くティーだけ打てればボールをふわりの浮きます。

逆にいつも通りに飛んでいくと本番ではホームランになってしまいます。

本番(コース)は勇気を持つことが重要

しっかり練習したならば勇気をもって打ちましょう。

中途半端なスイングではアウト出来ません。

バンカーの1番の上達法は思い切って打つことです。

まとめ

バンカーはしっかりと練習して自信をつけなければ、いつまで経っても苦手なままです。

苦手な部分を重点的に練習していくのがスコアアップのカギです。

まずは練習場でも出来るバンカー対策をしっかり取り入れ、素晴らしいゴルフライフを手に入れましょう!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!!

ご覧頂ありがとうございました!


コメント

タイトルとURLをコピーしました