砲台グリーンアプローチ!どう攻める?安定して寄せるには?

砲台グリーンの攻略法 アプローチ
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

どーもー!!

砲台グリーンはとことん練習しました!!

たかぱぱです!!

砲台グリーンて難しいですよね・・・

練習場では上手くいくのに本番では距離感が合わない・・・

コースには沢山の起伏があり、
様々なパターンを想定した攻略法を頭に入れておかなければなりません。

今回は、100切りを目指す方がミスの少ない砲台グリーンの攻め方をお伝えします。

100切りが目標なら砲台グリーンはこう攻める

私なら、
「パターorミドルアイアンで転がし上げる!」
「PWでグリーン手前でワンクッション!」
のどちらかを選択します。

砲台グリーンへのアプローチならば、自分の立っている場所も左足上がりの傾斜地dある可能性が高いです。
そうなるとショットをミスする可能性が考えられます。
SWなどのロフトの大きなウェッジよりも少し難易度が減るクラブを使いたいですね。

花道からのアプローチで転がせそうならばパターで攻める。
ラフがあり転がらなそうな場合は、グリーン手前に落とすイメージで打ちましょう。

ロブショットじゃないの??

ふわりと打ってベタピン!!
そんなプロみたいなロブショットを打ってみたい!
と思いがちですが・・・

100切りを目指す方であればロブショットは得策ではないかもしれません

理由は

  • 砲台グリーンは左足上がりになりショットの難易度が上がる。
  • ボールを高く上げようとすくい打ちになりダフリ、トップの原因となる。

ということから

無理にロブショットにチャレンジするよりも「パターで転がし上げる」か「PWでワンクッション」が簡単です!!

パターorミドルアイアンで転がし上げる!のやり方

読んで字の通りですね笑
一番無難な方法です。
パターでも花道からであれば30Yぐらいなら十分転がせます。
パターで転がすと方向に大きなミスが出ません。

少しラフがあるならばミドルアイアンで、若干のキャリーを出しましょう。
6番アイアンであれば、キャリーとランの比率が1:5といわれています。

ロングパットも同様ですが、「転がす」というのは経験が必要です。
距離感を経験で磨かなければ、ノーカンで打ち、まったく寄りません。

ショートコースは砲台グリーンが多いです。
とにかくショートコースを回ってアプローチの経験を積み上げましょう。

パターとミドルアイアンのアプローチは砲台グリーンだけでなく、下りからの攻め以外はかなり活躍しますよ!!

PWでワンクッション!のやり方

砲台グリーン

まずはしっかりと距離を確認する。

砲台グリーンはピン自分よりも高い位置にあります。

目視でカップを確認できない場合は特に距離がつかみにくいです。

短い距離であれば歩測したり、カートが残りヤードが出るものであれば
しっかりと頭に入れておきましょう。

少し大きめのイメージを持とう

もちろん状況にもよりますが
砲台グリーンはショートすることが多いです。

しっかりと距離を確認したならば
少し大きめの素振りをしてボールの飛んでいく様子を
イメージして打ちましょう!!

左足上がりの場合の注意点

左足上がりはボールが高く上がりやすいです。

そして、ランが少なくなります。

ということは
「思ったよりも距離が出なかった」
となります・・・

左足上がりの場合は
傾斜に逆らわずに立ち(地面と肩・腰が平行)、
しっかりとハンドファーストに構えるようにしましょう。


まとめ

練習場では上手くいくのにコースでは距離感が全然合わない・・・

砲台グリーンでは顕著に現れます。

しかし、日本のコースに多いと言われている砲台グリーンは
絶対に攻略しなければなりません。

PWでグリーン手前にワンクッション

をして無難なオンを目指しましょう。

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!

ご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました