なんでドライバーの飛距離を出すには力を抜いて軽く振るの?!脱力とは?

力を抜いて軽く振る ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

どーもー!

ゴルフ大好き!

たかぱぱです!!

「ドライバーで飛距離を出したいなら、力を抜いて軽く振りましょう!!」

と良く言われるけどそんな簡単なものじゃありませんよね??

しかし、ナイスショットが出たときは大体が
力が抜けて綺麗に振り抜けたときです。

あなたも「軽く振ったら飛んだ!」という経験が
あるのではないでしょうか??

今回は、「なぜ力を抜く必要があるのか」
そして「どうすれば力の抜けたスイングが出来るようになるのか」

についてお伝えしていきます!!

なぜ力を抜くのか

力みは姿勢・スイングがぶれる原因になります!!

ドライバーで飛距離を出したいならミート率を上げることはかなり重要です。

しかし、アドレスで力が入っていると手元がぶれたり、姿勢が崩れる原因になります。

アドレスでは力んでいない、リラックスした状態を作っていきましょう。

ドライバーを軽く振るためには

  • 自分の重心を確認し、両足をしっかり踏みしめる
  • アドレスをしたらすぐに打つ!
  • クラブの重さを感じつつテークバック

脱力して軽く振るにはまずは脱力が重要です。

そしてテークバックはゆっくりと始動しましょう。

自分の重心を確認し、両足を踏みしめるとは

大体力が入っているときは手、腕、肩です。

初心者がアドレスで、力が入って肩が上がっていると
ミスショットをしそうな雰囲気が満載ですよね

上半身は力まず意識せず、自分の重心を意識しましょう。

前後どちらにでも体重がかかりすぎているミスを誘発します。
そして、しっかり踏みしめましょう。

私は両足の親指と人差し指の下「母指球」へ負荷がかかるように意識しています。

アドレスをしたらすぐに打つ!とは

構えたらとっとと打つ

アドレスの時間長ければ長いほど力が入っていきます。

さっと構えてさっと打つと力む暇もなく良い球が飛んでいきます。
(打ち急ぐ必要はありませんよ!!)

しかし、そうは言っても急にラウンド当日に早く打とうとしても
リズムを崩してしまいます。

たかぱぱ
たかぱぱ

そうは言っても難しいよね・・

うしさん
うしさん

そんなときは
ルーティンを取り入れよう!

練習の際から、ルーティンを意識しましょう。

ちなみに私は、

素振りを2回する

ボールの後ろから空中を飛ぶイメージをしっかりする

クラブのフェース面を飛球線にしっかり向けて置く

アドレスし2回ワッグルしたら打つ

という感じに行っています。
(お小遣いの少ない私には球の節約になるし、1石2鳥!(笑))

クラブの重さを感じつつテークバックとは?

左手の人差し指にクラブの重さを感じながらゆっくりをテークバックを始動しましょう。

腕、手の力で振り上げるのは力が入ります。

重さを感じつつゆったりと振ることによって
力の抜けたリズムの取りやすいスイングになります。

「ゴルフの帝王」と呼ばれたジャック・ニクラウスをご存知でしょうか?
メジャー通算18勝という圧倒的な強さのアメリカ人プロゴルファーです。

彼はこう言いました。

「飛ばそうと思った時ほど、ゆっくりとしたテークバックを心がけること」

ジャック・ニクラウスが言うのですから
練習する価値はありますね!!

まとめ

少し長くなってしまったのでまとめます。

ドライバーの飛距離を出すためには
力を抜いて軽く振ることが大切です。

そして

  • 自分の重心を確認し、両足をしっかり踏みしめる
  • アドレスをしたらすぐに打つ!
  • クラブの重さを感じつつテークバック

特にアドレスです。

ルーティンや毎回同じリズムを意識し、
力みのないアドレスを心がけましょう

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!
ご覧頂き、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました