ショットを安定させたいときに気を付けることはこれ!

前傾姿勢のキープ コラム
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

どーもー!!

ゴルフ大好き!

たかぱぱです!!

ショットの安定!!
これさえできれば100を切ることなんて簡単!!

「そんなこと分かってるよ!!」

って感じですね(笑)

 ゴルフだけではなく何事も基本が大切!!

もう一度基本を見直して、ショットの安定を目指しましょう!!

ショットを安定させるためにすべきこと

 それは

上半身の前傾をキープすること

どの教則本を見ても良く書かれていますよね

 しかし、100切りを目指す人達の中には
前傾をキープ出来ている人はあまりいません。

そして、スコア90台、80台を安定してだせるゴルファーは
スイング中の姿勢のブレが少ないです。

なぜ前傾のキープが必要なのか

前傾姿勢を保ったままインパクトを迎えている男性
  • 方向性が安定する。
  • 飛距離が伸びる。

うむ・・・

簡単なことなのにアマチュアが求めている飛距離と方向性が両方得られる!!

なんてこった!!

 上半身の前傾姿勢をキープできると
インパクトの際にアドレスの時に構えていたところに
ゴルフクラブが通りやすくなります。

 そうなるとスイートスポットにボールを当てやすくなり、
方向性と、飛距離の両方が向上します。

 また、いつも同じ姿勢でインパクトが出来れば、
とても再現性の高いショットになり
スコアメイクが簡単になりますよ!!

逆に上半身が起き上ったり沈みこんだりすると・・?

 上半身の起き上がりはトップになります。

グリーン近くでホームラン!!
(トップしてグリーンを大きくオーバーしてしまうこと)

そんな経験はありませんか??

それはボールの行方が気になり、目で球を追おうと体が起き上り
トップを誘発してしまっているからです。

そして、上半身の沈み込みはダフリの原因になります。
しっかり球を打とうとすればするほど力が入り体が沈み込みます。

だけど難しいんだよね・・・

頭では分かっているのだけれど
思うようにはいかないのがゴルフ・・・

(まぁ、それが面白いところでもあるのですが(笑))

ここで、家でも出来る簡単な練習法をお伝えします!!

それは、お尻を壁にくっつけて素振りをすること!!

前傾がキープできていない方はインパクトの際に
壁からお尻が離れてしまったり、
お尻への壁からの圧力が強くなったりします。

室内でクラブを持つスペースがないのであれば
タオルや何も持たなくても構いません。

しっかりイメージしながら前傾を保つ練習をしましょう。

毎日少しづつやるだけでもショットの質が良くなっていくのを実感できるはずですよ

お昼休みに同僚とオフィスでこの練習をしてもいいかもしれませんね

まとめ

ショットの安定には

上半身の前傾をキープすることが大切です!!

また、前傾姿勢をキープすることにより
飛距離もアップします。

急なスコアアップで周囲に驚かれること間違いなし!!

是非試してみてくださいね!!

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!!

ご覧頂ありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました