ゴルフはメンタル!頑張りすぎは力みの原因

頑張らないゴルフ メンタル
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

どーもー!

ゴルフ大好き!!

たかパパです!

練習場では上手くいく!!
しかし、コースでは・・・

いつも通りにいけばゴルフは簡単ですよね。
だけどスコアやハザードを意識しだすと、どうしてもミスをしてしまいます。

私は、最近になってやっとで落ち着いてプレーが出来るようになってきました。
そして同伴者の様子を見れるようにもなってきました。

そこで感じたのは、「みんなゴルフはこうあるべきだ」と
頑張りすぎているからかもしれません。

今回は、頑張りすぎる人の代表的なパターンについてお伝えします。

頑張りすぎる人のパターン

 頑張りすぎると自然と力みが生まれます。
当然力みはミスを生みますよね。

自然体でいろと漠然と言われても困りますが、
自分がなぜ力むのかしっかり分かっていれば対策法も分かります。

ボールにちゃんと当てようする

ゴルフを始めたばかりのときってダフったり、空振ったり・・・

まともにボールにクラブが当たりませんでしたよね。
練習場でちゃんと当たるようになっても、
なぜかコースに出ると空振りがでることがあります。

そしてそれは心に「ゴルフって難しいぞ!!ちゃんとあてられるのか??」

という自問自答でいっぱいになり無用に力み、頑張ってボールを打ってしまいます。

無理にボールを上げようとする

コースで少しずつ、ボールにクラブが当たるようになり始めると
今度はボールを上げようとし始めます。

ボールへしっかりクラブを振り落とせば、ロフトなりに球は飛んでいくはずです。
だけど信じられないのか、すくい打つことによって球を上げると思ってしまうのです。

そうなるとざっくりや、逆に体が浮いてトップへとつながります。

まっすぐに飛ばそうとする

もちろんグリーンに向かって真っすぐ飛ばすことは悪いことではありません

問題はハザードを意識しすぎて、
「そこへ入れないように、方向を間違えないように・・・」
と逆に頭の中が障害物でいっぱいになってしまうことです。

自分のボールがどういう球筋を描くか忘れてしまいます。

飛距離を出そうとする

飛距離をだそうと頑張ることは、力みを発生させる一番の原因です。

側で見てるとわかりますよね・・・
飛ばそうと肩が上がっている人は沢山います。

ドライバーの飛距離を増やすために必要な要素は
「初速」、「打ち出し角」、「スピン量」
です。

力いっぱい打つだけではあまり効果が得られません。

正しい形で打とうとする

「正しい形」って何でしょうか??

プロの試合を見ても打ち方は様々です。
しかし、アマチュアは「こう打たなければならない」という思いに
縛られ続けてしまうのです。

こうやらないといけない・・・
ああやらないといけない・・・

そう考えるうちに本能で打てるはずのボールも全く当たらなくなってしまうんです。

ではどうすれば良いのか??

今までは頑張りすぎるパターンをお伝えしました。
ではどうすれば頑張らずに済むのでしょうか??

全てを簡単だと思い込む

一度頭によぎった悪いイメージは中々離れて行ってはくれません。

練習場であれば150Y前に飛ばすことが出来るはずなのに
コースに出ると、目の前の池に向かって一直線!!

そんなイメージで頭がいっぱいです。

ゴルフは自分の球筋を想像することはすごく重要です。

成功した結果をイメージして打つ

パターであれば、打つ前にどういうルートでカップインするのか
そしてカップから球を取り出すところまでイメージしましょう。

ショットであれば、どういう風に飛んでいくのか想像しましょう。
ありがちなのが、球が落ちる場所(グリーンやフェアウェイ)だけを見つめてしまうパターンです。

ドライバーでのティーショットならば球をどれぐらい上げるのか、
空中のどういうルートを通るのかイメージしましょう。

変わり種イメージ「針に糸を通す」

ゴルフのことだけ考えているとどうしても緊張してしまうという人がいます。

そんなときに私が勧めているのが
パッティングの前に「針に糸を通す」ことを考えて打つということ
集中力が増して意外と上手くいきます

ゴルフとは関係ない別の「集中しなければいけないこと」を連想してみると良いのかもしれせんね。

たかぱぱ
たかぱぱ

科学的な根拠はありません!!

うしさん
うしさん

全部経験で話してるよな!!

まとめ

ゴルフは頑張りすぎてはいけません。
頑張れば力みが出てくるからです。
成功したイメージを頭に叩き込んでからアドレスに入りましょう。

たかぱぱ
たかぱぱ

本日は以上です!!

ご覧頂ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました