ゴルファーの夢!ドライバーでかっ飛ばしたい!!飛距離に必要な要素とは?

ドライバーでかっ飛ばせ ドライバー
スポンサーリンク
たかぱぱ

たかぱぱ

どーもー!ゴルフ大好きtakapapaです!!

やっぱり飛距離はゴルファーの夢!
特にドライバーでのティーショットでかっ飛ばすことはゴルフの醍醐味です。
アマチュアであればスコアを縮めるよりも
ドライバーで飛距離を出すことを重視している人もおられるのではないでしょうか?

コンペでティーショットを打つときって、めちゃくちゃ緊張しませんか?
みんなが見つめている中、思いっきりクラブを振りぬき綺麗にボールが飛んでいくと
快感とともに安堵感が胸に広がります。

楽しくゴルフを行うために、ドライバーで気持ちよく打てるというのは必須要素ですよね。

今回は私takapapaがドライバーの飛距離を追い求めて行っていることを皆様にお伝えします!

飛距離って必要??

私の場合はかっ飛ばすと気持ちいいからですが…
もちろんそれだけではありませんよね笑

飛距離が出るとスコアメイクがすごく楽になります!
ドライバーでかっ飛ばして、残り100Yしか残っていなければパーオンの可能性大です!

しかしティーショットがダメダメで150Yぐらい残ってくると、アマチュアにはグリーンを狙うのは難しいですね。

また精神面にも関わってきます。
思うように飛距離が出ないとセカンドで力み、ミスショットにつながります。
ティーショットのミスを取り返そうと思えば思うほど、ミスを連発してしまいますよね。

つまり、飛距離はスコアに直結します!

たかぱぱ

たかぱぱ

 
 
 

でも飛距離が出ないんだよねフィジカルには自信があるんだけど!

うしさん

うしさん

技術の問題だろ!


飛距離を出すに?

ゴルフでボールを遠くまで飛ばすために必要な要素は3つあります。

それは

ボールスピード、打ち出し角度、スピン量

です!

つまりクラブを素早く振り、高く、低い回転量で球を打ち出すことで飛距離を伸ばすことができます。

ボールスピードを上げるには??

ミート率とヘッドスピード

ミート率の上げ方は小さなスイングでしっかり球を捉えられるようになること
それが出来たら少しずつ振り幅を大きくしていきましょう。

急にフルスイングから始めても、なかなかボールに上手く当たりません。
まずは小さなスイングで短い距離の目標物に向かい、ボールを打ちましょう。

ヘッドスピード上げるためには、筋力と柔軟性を上げることが重要です。
しかし、アマチュアであれば時間が思うように取れません。

私がお勧めするのは、重いバットでの素振りです。

練習場に行く時間がなくても公園などで振れます。
スイングに必要な筋肉を重点的に鍛えることが出来るとともに、肩回りの可動域が広がります。
ネットで安く手に入れることが出来ます。
是非お試しください!!

打ち出し角度上げ、スピン量を少なくするには??

参考にすべきは女子のプロゴルファーのスイングです。
体が小さいのにアマチュアの男性よりも飛距離があります。
女子プロの多くは

インパクトがアッパー軌道です。

これはスイングの改造ですので、なかなか難しいように感じます。
しかし、ヘッドスピードを上げるというのはすぐに出来るものではありませんし、こちらはすぐに効果を実感しやすいです。
また、年齢を重ねて、筋力・柔軟性が落ちてきても有効です。

よく教則本でも書かれていますがボールの位置をアイアンでのショットの際よりも左に置きましょう。
そして分かっていても、なかなかできないのが、最下点よりも後にボールを打つということです。
ボールを打とうとするとアイアンショットのように上から打ち込んでしまいます。

ボール5センチ手前に仮想のボールをイメージして、それを打つつもりでスイングしましょう。

また、体を少し右に傾けてアドレスをとるようにしましょう。
アッパー軌道でインパクトを向かえ易くなります。

まとめ

ゴルフ初心者の方は、ドライバーでかっ飛ばすことを考えすぎるとスコアが悪くなります。
しかし今後、上を目指そうするならば、飛距離を出せるようにならなければなりません。
無理して振らず、しかし、遠くに飛ばせる研究をしていきましょう!!

たかぱぱ

たかぱぱ

以上です!!読んで頂きありがとうございました!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました