ミスショットは、不安と欲を張ることから生まれる!

ミスショットは不安と欲を張ることから コラム
スポンサーリンク

ゴルフはメンタルという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
ショットでもパッティングでもゴルフでは平常心を保つことが重要です。
心が乱されれば体も乱れ、練習と同じ動きは出来ません。

心を乱す原因は沢山あります。
例えば、ハザード(障害物)です。
初心者の方であれば、ティーショットでなぜか、池や谷の方向に打ち込んでしまった経験があるのではないでしょうか?
ハザードを気にしてしまうとスウィングが崩れ、池の方向に打ち込んでしまいます

その他にも同伴者の行動によるものもあります。
例えば、同伴者 が凄くスロープレーだとイライラしてしまうのではないでしょうか?
それが仲が良い人だと注意も出来ますが、上司であれば我慢するしかなく、さらにイライラしてしまいますよね
そんなときにショットすると打ち急ぐことによりトップをしたり力んでダフるなどミスに繋がります。

これらのような外的な要因の他に、自らの気持ちからくるものもあります

その大きな要因は不安と欲を張ることです

今回はこれら2つの要素とそれらについての対策をお伝えします

第1の要素「不安」

「ティーショットうまくいくかな」
「谷を越えられるかな」
プレー中に嫌な未来を想像することはやめましょう。
想像通りのショットが生まれます。
ネガティブな思考はどんなスポーツにおいても良い結果を残すことはありません。
失敗するイメージではなく、自分の理想を頭で思い浮かべながらプレーしましょう。

第2の要素「欲を張る」

「絶対次のショットでオンさせる」
「ここでパーをとれば100切れる」
などと考えていると力みが生まれます
そのようなときは大体体が突っ込みダフることが多くなります。
結果を気にしすぎず
球を打つことだけに集中しましょう。

心を乱さないためには

何も考えないこと、平常心を保つことが重要です
アドレスに入ったら、あれやこれやと考えずとっとと打ってしまいましょう。
どうしても雑念が入ってしまうという方はルーティンを決めましょう。
いつもと同じ動作をすることにより、何も考えずにアドレスに入ることが出来るようになります。
「心手期せずに」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
武道をやられていた方はご存知かもしれません。
頭で考えることなく、勝手に体が技を出す状態です。
練習場でしっかり打てているのであれば、何も考えずに体が勝手にスウィングをしてくれるはずです。

また、アドレスに入ったらボールをしっかりと見つめるのではなく、ボーっと見るようにしましょう。
ボールをしっかり見ようとすればするほど、どんどん体が硬直していきます。

まとめ

ゴルフの上達には精神面の強化が不可欠です。
不安と欲を張ることは確実にプレーに悪影響を及ぼします。
練習場と同じような打ち方ができるように、平常心を保つ練習に取り組みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました