最初の目標設定 ゴルフ初心者まずは126を目標に

最初は126を目標にしよう コラム
スポンサーリンク

 初心者の方は1ホールで、+5、6ぐらいは当たり前に叩いてしまうと思います。
私の場合、初めてすぐの頃は1ラウンドのスコアは180とかでした。
全てのホールで+5なんて当たり前で、パー3で+10とか叩いてました。
恐ろしい数字ですね。笑
今考えれば同伴者は、イライラしていただろうと思います。

 コースデビューが終わられたばかりの方や、暫くゴルフをしていなくて、もう一度始めようとしている方はスコアをどれぐらいに目標設定すればよいのでしょうか?

 今回は私の経験をもとに、目標設定や練習方法についてお伝えしていきます。

目標はスコア126!! 

 ゴルフではレベル毎に出来ることと出来ないことを整理しながら、目標を設定することが重要です。
スコア126とは全てトリプルボギーでプレー出来た場合のスコアです。
パープレーが72、全てボギーだと90、全てダブルボギーだと108ですね。
私は、同伴者に迷惑を掛けず、自分でゴルフを楽しめるスコアは126であると思っています。

では、使用するクラブは?

スコア126、全てトリプルボギーで回るために必要なクラブは何でしょうか?

・パター
 確実に使います。ゴルフを始めたばかりの方ですと40パット程度は叩くのではないでしょうか?
グリーン上でなくてもライ(地面の状況)が良ければ、フェアウェイ上から打つことも出来ます。
・ショートアイアン
 8I、9I、PWぐらいをしっかり打てるようにならないと、コースを楽しんで回ることは難しいです。
・ティーショット用のクラブ
 初心者の方がスコアメイクをする上で、ドライバーを握る必要はありません。
しかし、周りの目が気になるためティーショットで使いたいのであれば、かなり練習する必要が出てきます。
スコアメイクだけ考えると7番アイアンぐらいで良いと思います。

 上記の3本をしっかり練習すれば、スコア126は十分に切れるようになります。

練習方法

 では、どのように練習すれば良いでしょうか。
各クラブ毎紹介します。

パターはまずパターマットを買おう。

 パターは、ショットに比べて何となくで打ててしまいます。
そして練習せずにコースへ行くと痛い目を見ます。
まずは、パターマットを買ってショートパットをしっかり練習しましょう。
まっすぐ引いてまっすぐ押し込む練習です。
1m弱のパッティングであれば自信を持って打てるようにしましょう
また、短い距離だとどれぐらいの力加減か分かるようになってくると思います。

ショートアイアンは、アプローチの練習から

 いきなりフルスイングの練習をしてはいけません。
小さなスイングでしっかり球を打てるようにならなければ、スイングを大きくしても球はとらえられません。
アプローチが良い練習になります。
まずはショートアイアンで30Y程度を狙った場所に打てるようになりましょう。
それが出来たら、50Y、70Yと増やしていきましょう。
9アイアンは、男性であれば130Y程度の飛距離が出ます。
8割方ミスショットをしなくなってくれば、トリプルボギーペースにかなり近づいています。

 また、この練習をすることによってグリーン周りに練習になります。
私は、始めたばかりの頃、アプローチで失敗しグリーンを飛び越えていました。
往復ビンタというやつですね。
これでは、いつまで経ってもカップには近づきません。
しっかり30Yの練習をしておくと、トップやダフリが少なくなってアプローチに強くなれます。

 ちなみに、サンドウェッジやアプローチウェッジを使用し、浮かせて寄せるのは、ゴルフを始めたばかりの方には難しいかもしれません。
通常、転がして寄せるほうが簡単といわれており、8番アイアンでのアプローチを覚えておくと。かなり簡単に寄せることが出来るようになります。

ティーショット用のクラブは「とりあえず前進」

 ティーショットって緊張しませんか?
力が入ったり、あれやこれや考えたり…
私はいまだにティーショットを打つときは緊張します。
そんなときに全てのクラブで1番難しいドライバーを持つのは、自殺行為です。
一番自信を持って打てるクラブを迷わず握ってください。
PWでも構いません。
とにかく前進できるクラブを練習しましょう。

 といっても、せっかくコースに来たのだから、ドライバーぐらい打ちたいですよね。
ドライバーでかっ飛ばせた時のは、バーディーを取れた時ぐらい嬉しいものです。
もし、どうしてもドライバーを握るのであれば、まずは100Yしっかりと目標地点に向かって打てるようになりましょう。

コースでの考え方

 コースでは基本的に刻むことを考えましょう。
ダボオン(ツーパットでダブルボギーになる打数でグリーンにオンすること。パー4であれば4打目にオンする。)を目安にグリーンにオンするようにしましょう。
出来れば、ショットは同じクラブを持ち続けるほうが良いです。
違うクラブを毎回握るよりもミスの確立が減ります。
ダボオンして3パットで上がることを目標にしてください。
 また、トリプルボギーで抑えようと思っても+4、+5と叩いてしまうことがあるかもしれません。
ゴルフは山あり谷ありです。
全て狙い通りに行くことはまずありません。
目標よりも大幅に叩いてしまったとしても諦めずにプレーを続けましょう。
そのうちボギーやパーのチャンスが来ます。

まとめ

自分の力量を見極め、コースを攻略することがゴルフの楽しみです。
そして目標達成できた時の嬉しさは他には変えられません。
スコア126は最初の一歩です。
焦らず無理をないゴルフをしゴルフの醍醐味を味わいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました