ゴルフはお金がかかるスポーツ?!費用をかけずに始めよう!!

費用をかけずに始めよう! コラム
スポンサーリンク

 同僚にゴルフを始めてもらいたくて勧めると、ほとんどの人が
「お金がかかりそう…」「ゴルフってお金持ちがするスポーツでしょ?」
と言い断られます。
確かに、すべてを新品に揃え、良いコースに行こうとすると、かなりの額が必要になってきます。
ドライバー1本で7、8万なんてザラです。

しかし最近は安く始めようとすれば、いくらでもできます。

バブルの頃は、1回コースで遊ぶ度に2万や3万なんて当たり前だったそうです。
今は食事付きで1万以下なんてネットでいくらでも出てきます。
食事なし、スループレイで5千円代も探せばあるもんです。

お金に関して言えば、ゴルフのハードルはかなり下がっています。

ゴルフを始めるにあたり、どうすれば安く抑えられるのか、どう練習すれば安く済むかを考えてみましたのでお伝えします。

道具を安く揃えよう

 始めるにあたり一番心配なのは、初期費用ですよね。
安く抑える方法はあります!!

クラブセットは安く買うならネットオークションで

 一番安く道具を手に入れる方法は、いらなくなった人からもらうことだと思います。
意外と、「もうやらないからいいよ!」!という人はいます。
しかし、そんな人が周りにいない場合、次に安く仕入れる方法は
ネットオークションだと思います。

 ネットって本当に便利ですよね。
私の知人は少し古めのクラブセットを2万円程度で購入していました。
確かヤフオクでした。
しかも、ゴルフバックといらなくなったティーやボールもセットで購入できたそうです。
やはり仲介でゴルフショップを挟まない分、安く済みますよね。
本当に何でもよければ、ゴルフショップで値段が付けられないような物を格安で購入できます。

私の場合は、ネット通販のノーブランドのセットでした。
バックもついていましたし、最近のものであればノーブランドでも性能に心配はありません。
しかも、新品ですのですぐに壊れるということはないですしお勧めです。
3万円強だったと思います。

その他の道具は、最低限必要なものだけとりあえず揃えよう

 ウェアや帽子、ボストンバック等は自分がもともと持っているもので十分だと思います。
ちなみに、ウェアはユニクロでかなり質の良いものが手に入ります。
ユニクロは「アダム・スコット」というメジャープレーヤーを広告に使用し、動きやすく、肌触りの良いウェアを数多く出しています。

しかし、次に挙げるものは、購入の必要が出てきます。

  • ボール→コースデビューには1ダース程度。ロストボールで良い。千円程度
  • ティー→ロングティーは必須!百円程度
  • 靴→これは少し良いものがいいと思います。歩きずらいと地獄です。1万円程度で新品の良いものがかえますが、知り合いはヤフオクで2千円で購入していました。
  • 手袋→ゴルフ5で千円程度~

これぐらいあればとりあえず何とかなります。

安く練習し、上達するには!

意外と練習費用もばかになりません。
毎回千円~ぐらいの費用はかかってきます。
安く抑えつつ上達しましょう。

軽視しがちな素振り!実はすごく重要!!

 ゴルフをはじめたばかりのときは、クラブを振るという動作に慣れていませんのでぎこちないです。
まずは何回も素振りをしましょう。
可能であれば自分の素振りの姿を動画で撮影し、プロとどう違うか考えましょう。
そして素振りは始めたばかりの人にだけ有効なわけではありません。
素振りをすることによって無駄な動きが減り、スイングスピードが上がっていき、飛距離が伸びます。
飛距離を伸ばすということであれば、一番お勧めなのは重めのバットで素振りをするということです。
スイングの為の筋肉が鍛えられます。
また、ショットだけでなパッティングもしっかり素振りをしましょう。
同じテンポで、まっすぐ引き、まっすぐ押し出すことを繰り返せば、方向性と距離感の練習の基礎作りが出来ます。

家でパター練習!アプローチ練習!!

 1mのパッティングを、プロはほとんど外さないと言います。
しかし、アマチュアは簡単に外します。
パターマットを使用し、家でしっかり練習をしましょう。
ショートパットを確実に入れらるようになると、精神的にかなり余裕が出てきます。
パターマットは安ければ2千円程度からあります。
あわせて、最近はアプローチ用のかごが売られています。
家の中でも練習できるように、スポンジ製のボールも販売されているので是非ゴルフショップで探してみてください。

レッスンを受ける必要性はある?!

 上達の一番の近道はレッスンを受けることでしょう。
しかし、まだ始めてもいない人がレッスンに通っても基礎的なものばかりです。
実は、私も始めたての頃に何回か通いました。
ほぼボールの前後30センチ程度のふり幅で球を打ち続け終わりました。
最初は知り合いに習うか、本で勉強で十分です。
また、ユーチューブで検索すれば、基礎的な部分からかなりレベルの高いものまで無料で見ることが出来ます。
自分の練習風景を動画で撮り、参考にしているプロとどう違うのか見比べることはとても有効な練習法です。

練習場は結構高い!!

 毎回千円以上のお金を使っていたら、ばかになりません。
大体、どこの練習場でもタイムサービスをやっています。
早朝だとしても安い時間に行きましょう。
そして、1球、1球に時間をかけて大事に打ちましょう。
コースに行けば毎回1発勝負です。
「今のなし!!」
とかありません!!
100球打つのであれば、100球すべてが本番のつもりで打ちましょう。

 また、週に1回2千円を使うよりも、練習の頻度を上げ、週に4回2千円を使ったほうが確実に上達しますし、コストパフォーマンスに優れます。

まとめ

ゴルフはお金がかかるスポーツではなくなりました。
ネットを活用すれば、いくらでも安いクラブ、安い練習場の情報が出来ます。
それで十分に楽しめますし、付き合いであればそれ以上必要がありません。
早速始めてみましょう!!
ゴルフを始めると初期費用以上に得られるものの多さに驚きますよ!

しかし、ゴルフにハマってしまうと、どんどんクラブが欲しくなりますが...(小声)

コメント

タイトルとURLをコピーしました