左利きで今からゴルフを始める方は必見!レフティの悩み

レフティゴルファー コラム
スポンサーリンク

日本人の10パーセントしかいない左利き
数が少ないだけでスポーツでは重宝されることが多くあります。
ゴルフの世界で有名なレフティ(左利き)といえば、バッバ・ワトソンやフィル・ミケルソンが思い浮かびます。
しかし、その存在はかなり珍しく、プロゴルファーの中には本来左利きであるのに右打ちに変えている選手も少なくありません。
あの有名なタイガー・ウッズもその一人です。

今回は、レフティである筆者が実際に感じた悩みについてお伝えしたいと思います。

そもそもレフティゴルファーってどれくらいいるの?

人口の10パーセントが左利きといわれていますが、ゴルフを始める上で右打ちに帰る方は沢山います。
ネットではゴルファーの3パーセントだという情報もあり、人口との割合から言うと左打ちはかなり少ない印象になると思います。

レフティあるある・悩み

それほど少ないレフティですので制約を受ける場面が多々あります。

練習場での席の数が少ない上、一番右端

 私が体験する限り、レフティの席があるのは1つの練習場で3席ぐらいです。
レフティの席といいましたが、実際は両方で打てるように作られているようになっていることがほとんどです。
そしてほぼ、右端にしか打席はありません。真ん中で打てる練習場はかなり珍しいです。

練習場で正面の人と目が合う

めちゃくちゃ目が合います。
正面の人だけではありません。
近くの打席の人全てと目が合います。
自意識過剰かと思われるかも知れませんが、気になり始めると止まりません。
最近は、私は慣れてきたので気になりませんが、隣の右打ちの方に席を換えられたこともあります。
その時は結構ショックでした。

人のクラブを借りて使うことが出来ない。もらうことが出来ない

話題のクラブを購入した方がいても、試しに借りることはできません。
また、古いクラブを知人からもらってゴルフを始める方がいますが、レフティであると中々でいません。
それだけでゴルフを始めるハードルが高くなります。

レフティ用の道具が少ない。選択肢がない。

ゴルフショップへ行き中古でクラブを購入しようと思っても、欲しいクラブが見つかりません。
今はネットで購入もできますし、ゴルフショップも取り寄せをしてくれます。
しかし、大手のゴルフショップで取り寄せは購入前提となり、試打をして気に入らなくても中々いりませんとは言いにくいのが現状です。
また、クラブだけではなくグローブ(手袋)も同様です。プロが着けててかっこいいなと思っても、販売されていなかったり、両手でないと購入できなかったりします。

ゴルフをやっていく上での楽しみの一つは、新しいクラブを購入することです。
メーカーによってはレフティ用のクラブを販売していない場合もあります。
欲しいと思ってもない場合はかなり寂しいです。

ゴルフバーで打席がない

最近、ゴルフのシュミレーションゲームをしながらお酒を飲めるゴルフバーをちらほら見かけます。
しかし、レフティ用の席は置いていないか、数が少ないです。
お酒を飲んでみんなで楽しくなって「次はゴルフバー行ってみるか!」となってもレフティー用の打席がなかったときの白けようは半端ありません。

逆にレフティーのメリットってないの?

はっきり言います!!「ありません!!」
たまに人のクラブと間違えることがない・盗難にあいにくい等が言われますが
実感したことはありません。
強いて言えば、レフティ同士でちょっと仲間意識が生まれます。

今から始めるならレフティで行うべき?

やはりこれだけデメリットが多いので右打ちをお勧めします。
そして実は、左利きで右打ちは有利だと言われています。
理由は、右打ちの場合、ゴルフは左手先行でスイングをするからです。
じゃあ、右利きは左打ちにしろよって感じですが….
メジャープロの中には左利き右打ちで大変活躍されている方もいますので、よほど右打ちがダメだという場合を除いて、右打ちをお勧めします。
ちなみに、私は最初右打ちで練習しましたが、ゴルフショップで右左試打した際に右はやめたほうが良いと言われ、左打ちに変えました….

まとめ

デメリットばかり述べてきましたが、考えてみると私は、道具を変える選択肢がなかったため、その時間とお金を練習に費やしてきました。
結果としてスコアは周りにいる人達の中では良いほうだと思いますし、十分楽しめています。
茨の道かも知れませんが、デメリットを理解した上で、自分が一番楽しめる道を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました