【ゴルフ】知らないと迷惑!?コースデビュー(初ラウンド)で知っておきたいマナー・ルール

コラム
スポンサーリンク
たかぱぱ
たかぱぱ

初めてのコースはドキドキワクワク

だけど知らないといけないことが沢山です!!

うしさん
うしさん

いまだに細かいルールは覚えてないけどな!

 コースデビューを目前に控え、練習や物の準備は整って
「さあ、あとはコースに行くだけ!!」
と意気込んでいるあなた!!

その前に知っておきたいマナーや基本的なルールについてお伝えいたします。

これらは、練習場では知ることが出来ないものです。

しかし、みんな最初は初心者で知らなかったことです。

頑張って暗記する必要はありません!!

プレーをスムーズに行うことは、楽しいコースデビューにつながります!

頭の片隅に置いておいてください。

まず知っておくべくこと

ゴルフは紳士のスポーツです。
プレイファストを大切に

まずは人に迷惑をかけないようにプレイファストを心がけましょう。


各項目毎に細かい動きは説明しますが、プレイファストとは
「動作をきびきびとし他の競技者に迷惑をかけない」ということです。


ゴルフは個人競技ではありますが、最大4名1組でプレーをします。

スロープレイはメンタルに影響します。

みんなで楽しくラウンドを終えられるよう他人に気を遣いましょう。

たかぱぱ
たかぱぱ

ゴルフは楽しむことが大切です。

自分のプレーに必死になってはいけませんよ

うしさん
うしさん

昔の自分を思い出すな(笑)

コースデビューの朝の行動編

ドレスコードは確認しましたか?
時間に余裕を持った行動を心がけましょう

コースによってドレスコードが変わる場合があります。


事前に知り合いに確認しましょう。

よくコースへはスタートの1時間前までにクラブハウスについておかなけれなならないと言われます。

初心者であればもっと早く、2時間前に来ておいてもよいと思います。

理由は、チェックインやロッカールームでの行動に戸惑るからです。

早く到着してもクラブハウスで朝食をとってもよいですし、コースに練習グリーンや打ちっぱなしがあるところが多いです。

せっかくのラウンドですのでコースを満喫しましょう。

ティーショット編

打つ前に何回も素振りしない
人が打つときは音を立てず、少し離れた場所で球の行方をしっかり見ておく

初めてのティーショットは緊張すると思います。

ですが、何回も素振りをするのは止めましょう。

始まる前や、同伴者がアドレスに入る前は何回素振りをしても良いです。

しかし自分の番になったら2回ぐらいの素振りでやめてとっとと打ってしまいましょう。

また、人が打つときには音を立てないようにしましょう。
アドレスに入ったら話をしてはいけません。

くしゃみもダメです。

初心者の方で多いのが、自分が打つことに頭がいっぱいでブンブン素振りをすることです。

人が打つときは、絶対にやめましょう。

また、人が打つ球の行方をしっかり見ておいてあげましょう。

その際、少し離れていましょう。

近くにいると集中できません。

飛球線の後方に立つのも厳禁です。

アドレスを取った際に視界に入り、これも集中の妨げになります。

セカンドショット編

どうしたら時間を短縮できるかを考えよう

セカンド以降はピンから遠い人から順に打っていきます。

球の位置に行く際は何本かクラブを持っていきましょう。

球を見て「やっぱりクラブを変えよう」と思いカートに戻っていると、スロープレーの原因になります。

また、ここでも素振りを何回もすることは止めましょう。

一般的には2回ぐらいが目安です。

練習場でしっかりルーティンを決めておき、それ以外の動きについてはきびきびと行動しましょう。

グリーン編

人のラインを確認しましょう
同伴者が打つ際は、音を立てない。動かない。

他のプレーヤーの球とカップを結んだ線を踏んではいけません。
とりあえずは横切らないよう回り込んだほうが無難です。
グリーンまで自分の球が到達したら、マークしましょう。
この際、マーカーが同伴者のラインに被る場合があります。

相手に確認し、マークをずらす必要があります。

ここでも同伴者がアドレスに入ったら、決して物音を立ててはいけません。
パターはとても集中力を使います。

動いて気を逸らさせないようにしましょう。

トラブル編

細かいルールがある。対処について、キャディさんや上級者に確認しよう。

ゴルフは年によってルールが変わったり、コース上にはたくさんのハザード(障害物)があったり、意外と覚えることがあります。
分からないことがあれば、その都度キャディさんか上級者に聞きましょう。

まとめ

コースデビューの際は自分のプレーで精いっぱいで、スマートな行動を行うことは難しいです。
しかし、必死ながらもプレーしていくと、マナーを守ることがプレイファストや他のプレーヤーへの気遣いにつながっていくことに気が付くはずです。
まずは楽しむことを第一に、余裕があれば、本日お伝えしたことを頭の片隅で少し意識しながらプレーしてみてください。

たかぱぱ
たかぱぱ

コースデビューの目標は

「楽しむこと!!」

スコアなんて2の次ですよー

コメント

タイトルとURLをコピーしました