【ゴルフ】コースデビューまでに必要なもの・ゴルフグッズ

コラム
スポンサーリンク

今回はコースデビューを控えた方向けに、必要なものをお伝えしたいと思います。

コースに出てしまったら最後!!取りに帰ることはできません!!
と言いつつもなんだかんだで周りの人が助けてくれたりします。

ですが、準備を万全にすることによって、精神状態が良くなり、プレーも良くなります。

しっかりと準備をしてコースデビューに備えましょう!!

ゴルフクラブ

 最初に思い浮かぶのがゴルフクラブだと思います。

「当然でしょ」と思われるかも知れませんが、本当に大丈夫でしょうか?

クラブは最大14本までしか入れられません。

また、コースに行くとクラブセットごと預ける場面があります。

しっかり自分のクラブの本数を覚えておきましょう。

キャディーバック

 ゴルフクラブやボールなどの必要なものを入れるバックです。

コースではカートに乗せて出発しますのでなんでもよいですが、練習場などでは席まで自分で持っていきますので、出来れば軽めのものを選びたいですね。

また、キャディーバックは、クラブハウスへ預けることになりますので、ネームプレートを準備したほうがベターです。
なければ、当日クラブハウスにて紙製のタグを頂けると思いますので、名前を書いてバックにつけます。

ボール

 ボールについては、コースにもよりますが、とりあえず1ダースは準備しておきましょう。
なくなったら、同伴者にもらうことになります...

わざわざ、新品を買う必要はありません。
ロストボールで十分です。

ロストボールとは、ゴルフショップで良く見かけると思いますが、コースで見つからなくなってしまったボールを集めて打っている中古品のことです。

性能を選んで新品を買うのはある程度技術がついてからで大丈夫です。

ティー

 ティーショトでボールを上げるために使うものです。

いろいろ種類がありますが、とりあえずロングティーは持っていきましょう。ドライバーを打つ際に使用します。

可能であればショートティーも準備します。
ショートティーはアイアン等でティーショットをするときに使います。

マーカー

 ボールがグリーン上に乗るボールの位置に印を置かなければなりません。
その際に使用します。
特に用意せずコイン等で代用してもよいです。

なければコースにて、プラスチック製で画びょうのような形のマーカーを頂けると思います。

しかし、ゴルフショップには様々な種類のものが安く売られているので、お気に入りの1個を持っているとモチベーションが上がります。

ウェア

 基本のスタイルは、襟付きのシャツに長いパンツです。

Tシャツや、ジーンズはNGです。
しかし、場合によって、クラブハウス内は短パンが禁止で、コース上はOKだったりします。

当日までに同伴者に確認しておきましょう。
ちなみに、私が住む沖縄では、米軍の方用に作られたコースがあり、一般の方も利用できるのですが、特にドレスコードはありません。

タンクトップや、Tシャツでプレーされている方をよく見かけます。

シューズ

 スパイクです。
初心者の内は、グッズにお金をかける必要はありませんが、シューズだけは自分に合うものをしっかり選びましょう。

1万円強で良いものが買えます。

理由は、良いものでないと疲れてしまうからです。

初心者の内は、カートに乗れる時間が少ないです。
しっかり歩ける(走れる)ものを選びましょう。

キャップ

 すでに自分でお持ちのもので構いませんが、コースによってはドレスコードに指定されている場合があります。準備しておきましょう。

グローブ

コースデビュー目前の方はすでにご存じかと思いますが、ショットをする際に、利き手と反対の手に使用します。

雨が降った際は、濡れると、滑りやすくなるものもありますので、何枚か用意しておいたほうが良いです。

ちなみに公式の試合では使えませんが、手のひらにゴムがついているものもあり、雨の日でも滑りにくいですので、いざという時のために準備しておいてもよいかもしれません。

ボストンバック

ロッカールームに持ち込む用のバックです。

着替えを入れていきます。

また、シューズも一緒に入れらるものもあります。

最初、クラブハウスへは普通の靴(ドレスコード次第で革靴)で入り、ロッカールームでゴルフシューズに履き替えることが多いです。特にゴルフ用に高いボストンバックを購入する必要はありません。

その他あったら良いもの

  • サングラス
  • レインウェア
  • タオル

まとめ

 高いものを揃える必要はありません。
ウェアやバックはあるもので何とかなりますし、小物も、とりあえずゴルフショップにて「コースデビューに必要なものをください。」といったらすぐに出してもらえると思います。
忘れてはいけないことは、コースによってはドレスコードが厳しかったりします。
事前にしっかり上級者に確認しましょう。

準備さえしていればあとは楽しむのみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました