100切りまで何時間?練習の期間とスコアアップの関係性

コラム
スポンサーリンク

1万時間の法則を聞いたことはあるでしょうか?人がその道で1流になるためには1万時間を費やす必要があるというものです。

私は、2015年の7月にゴルフを始め、一部半年間の長期出張等の練習できない期間を挟みながらですが、今までで800時間近く練習してきました。
(練習する度にメモしてきました。自分でもまめな奴だなと感じます笑)

1万時間にはほど遠いですがここまで感じてきたことや練習時間とスコアの比較をお伝えしたいと思います。

100切りまでの時間と期間

 先ほども記述しましたが、2015年7月にゴルフを始め、実際に100を切れたのは2017年11月28日です。

その間に半年ほど練習できない期間がありましたので、実質1年と10か月程度かかっています。

なお、ここまでで練習時間は450時間程度費やしていました。

練習内容

 最初は、知り合いに練習場で基本を習ってあとはひたすら打ちまくっていました。

5回(1回1時間)のレッスンを受けたことがありますが、内容は、ショートスイングの練習のみでボールの前後20センチをひたすらうつことから始まり、最後は腰から腰までのスイングで終わりました。
(お金を払ってまで習うことではなかったと思っています。)

 まずは、ひたすらアイアンでハーフショット・スリークォーターショットを練習し、ドライバーは100Y前に飛ばす練習だけしていました。

コースデビューではスコア180以上でしたが、ショートスイングのみで100近くまでになることが出来ました。

そこからはドライバーをとことん練習し、なんとか10回打ったら半分は180Yフェアウェイに乗るぐらいになったところで100を切ることが出来ました。

使用クラブ

 通販のノーブランドの初心者セット3万円程度を使用しました。

クラブ購入にあたり、色々中古ショップ等を回りました。
しかし、私がレフティということもあり中々良いものに出会えていませんでした。そんな時に、家内が私の誕生日に買ってくれたクラブが前述したものです。
家内はゴルフ未経験者ということがあり、ノーブランドということで、まったくうれしくはなかったのですが(笑)、結果としては、そのクラブを使い100まで切ることが出来ています
(100を切ってからは、中古のドライバーとウェッジを加えました。)

90切りまでの時間・期間

 90切りについては2018年11月9日達成しました。

ブランク期間を除くと、2年10か月かかっています。ここまでの時間については750時間程度です。

この時に感じたことですが、この日を迎えるまでの1か月程度は暇さえあれば、ユーチューブでスイング動画を見て空き時間はとにかく素振りをしていまし、1か月間で50時間程度練習場に費やしています。


やはり、まずは、すこしの時間でもコツコツ毎日練習することが大事だと感じた期間でした。また動画で勉強することも重要です。

練習内容

 この間は、まずはドライバーでのOBを減らすことに集中しました。
可能な限り0にすること、自信がない場面では、ユーティリティでティーショットを打ちました。

また、100Y地点からなら確実にグリーンをとらえられるよう練習しました。そして、2打目はわざと100Y残すようにしました。

使用クラブ

 まず、中古ドライバーを加えました。テイラーメイドM1です。
効果は絶大でミスショットでもある程度前に飛ぶようになりました。

この段階で90中盤は出るようにっていました。

 次にウェッジを入れました。タイトリストボーケイ7の56度、50度です。

実は今までサンドウェッジを持っておらず、ピッチングウェッジでバンカーショットをしていました。56度を使った時の衝撃は今でも忘れられませんね(笑)

また、50度を入れてからは105Yピン側に寄せられる自信がついています。その他は、100切りの時と変わっていません。

まとめ


私が100切りに必要だった期間は、1年10か月、90切りは2年10か月
私が90切りに必要だった時間は、450時間、90切りは750時間

ネットで調べてみたところ1年~3年程度で100を切った方が多い印象です。

そして、100切りではクラブにこだわる必要は特になく、とにかく毎日練習することと、ショートスイングが大事だということがわかりました。

ゴルフを始めたばかりの方は、是非参考にしてください。

takapapaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました